現地紙で読む最新情報
 2004年11月23日速報


  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









◆広東省、東江流域で一斉に給水制限(香港紙「明報」11月21日付)
 中国広東省政府は11月20日、干ばつの深刻化に対応して初めて東江流域の水資源節約・調整会議を開催した。東江の水系では統一的な調整が行われ、流域各市では給水指標を10%引き下げることが決まった。今後も給水は省政府の干ばつ対策部門が監督し、毎月の給水計画に沿って制限される。ただし香港への給水には何ら影響しない。

◆深セン地下鉄の記念乗車カード、月末発売(中国系香港紙「大公報」11月20日付)
 中国広東省深セン市で12月末に開通する地下鉄の記念乗車カードが今月末から販売される。深セン市地鉄有限公司が発行する初の記念乗車カードは、地下鉄の車両と市内の蓮花山頂に建つ故・●小平氏の銅像の2種類のデザインが1セットとなっている。11月末から来年4月まで3万セット計6万枚が発行される。深センで2万4000セット発売するほかは、広州、北京、上海の3市でも発売。香港、マカオでもそれぞれ1500セット発売する。
セン=土ヘンに川。
●=登におおざと

◆広州で11度、広東省で気温低下(香港紙「りんご日報」11月22日付)
 寒気団の影響を受け、中国広東省ではここ数日、広範囲で気温が下がり、11月20、21日の広州市の最低気温は摂氏11.4度まで下がった。また広東省北部にある清遠市の20日の最低気温は摂氏5度を下回り、寒冷警報が発令された。中国中央気象台の予報では、シベリアからの寒気団の影響で今週半ばにはさらに気温が下がるという。

◆香港ディズニー、9月12日開園(香港各紙11月23日dけ)
 香港ディズニーランドは22日、2005年9月12日に正式開園すると発表した。入場料は平日(特別指定日を除く月〜金曜)が大人295香港ドル(1香港ドル=15円)、3〜11歳210香港ドル、65歳以上170香港ドル、土・日曜・祝日・特別指定日(学校の長期休暇、ゴールデンウイークなど)が同350、250、200香港ドルで3歳未満の幼児は無料。世界各地のディズニーランドより低い料金設定で、香港のほか中国本土、台湾、東南アジアからの来園に期待しているという。

◆香港入境職員「マナー向上キャンペーン」(香港各紙11月21日付)
 香港お入境事務処は21〜28日、職員のマナーとサービス向上を趣旨としたキャンペーンを実施する。旅客は出入境手続きの際に「職員のマナーが良い」と感じたら、その場で職員から投票用紙(同職員の氏名を記載済み)をもらい、旅客の氏名、パスポート番号(ID番号)を記入してカウンター後ろの投票箱に入れる。最も得票の多かった職員は香港政府観光局(HKTB)から「香港礼貌大使(Hong Kong Courtesy Ambassador)」として表彰される。

◆香港の自転車救急隊、大埔海浜公園で稼働(香港各紙11月22日付)
 香港医療補助隊は11月21日、大埔海浜公園の救急医療ステーションの稼働を開始した。同ステーションは域内4カ所目。ボランティアの医師や看護士による隊員らが土曜14〜17時、日曜と祝日の10〜17時に自転車で巡回し、大埔、沙田、吐露ハーバーから馬鞍山にかけてのサイクリングロードでの事故に自転車で駆け付けて救急処置にあたる。

◆児童虐待、30%増加(香港各紙11月22日付)
 香港防止虐待児童会に2003/04年度に寄せられた被害届のうち、児童虐待の疑い例が前年度に比べ13.2%減少した一方で、同じ児童が多岐にわたって虐待されるケースは前年度の52件から68件と30.8%増えた。2003/04年度は730本の被害届が寄せられ、うち53%に当たる387件が疑い例で、このうち身体を傷つけるケースが133件、セクシャルハラスメントが111件、精神的虐待が27件だった。




日本に居ながら、中国IPOを100%ゲットする方法