話題の人登場 2013年2月8日記(深川耕治)

   



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO








香港紙「信報」に謝罪要求した梁振英香港行政長官

 昨年7月就任(任期5年)以来、自宅の違法増築問題などで支持率低迷が続いている。中央政府は早くもレームダック化を憂慮し、董建華元行政長官のような中途辞任の幕引きだけは避けたいところだ。

 背水の陣となった本人は今月に入って香港紙「信報」(1月29日付)の練乙錚氏(同紙元編集局長、日本の国際教養大学教授)が執筆した論説文が「誹謗に当たる」として弁護士を通じて謝罪要求した。

 問題視した記事には、梁長官の選挙応援をした劉夢熊全国政治協商会議委員が香港週刊誌「陽光時務週刊」(1月24日号)で「自宅違法増築問題でうそをついている」など暴露した不正疑惑に基づいて「梁政権は黒道(暴力団)非道に染まっている」「党中央が『双規(拘束前の査問)』で取り調べる可能性がある」と述べられている。

 梁行政長官は弁護士を通じて「事実と異なるため謝罪を要求する」との手紙を「信報」側に送付していた。

 「信報」側は7日、「不公正な誤解を与えたとすれば遺憾」と発表する一方、親中系以外の香港各メディアは「情報源の『陽光時務週刊』には謝罪要求がないのは不可解」(香港紙「明報」)、「メディア封じ込めを狙ったもの」(香港記者協会)など梁長官を一斉批判。謝罪要求を受けた練氏も「梁長官は神経過敏すぎる。もし、慣例化すれば誤りだ」と反論している。

 2月6日には広州を訪れ、胡春華広東省党委書記と会談。「香港と広東省は兄弟のような親しい間柄」と述べ、経済依存度を増す発言を繰り返した後、7日から17日まで海外休暇に入っている。

 1954年8月、香港生まれ。1997年、香港行政会議メンバーとなり、99年から同会議の召集人に就任。2003年、全国政治協商会議常務委員に就任し、2012年7月から現職。唐青儀夫人との間に一男二女。58歳。



バックナンバー