話題の人登場 2009年4月24日記(深川耕治)  最新中国株情報 WINTRADE

   



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









「中国人に管理必要」発言が波紋呼ぶジャッキー・チェンさん

 4月18日、海南省で開かれたアジア政財界の要人らによる国際会議「博鰲(ボアオ)アジアフォーラム」に中国映画家協会副会長として出席し、文化活動の自由に関する外国人記者の質問に「あまりに自由があり過ぎると今の香港や台湾のようにとても混乱してしまう。やはり中国人は管理されるべきだ」と発言して香港や台湾で猛反発が起きている。

 中国高官が多数出席していた会場では笑い声や拍手に湧いたが、台湾人記者からは「台湾のどこが混乱しているのか」と真意を質す場面もあり、発言の波紋は香港、台湾で広がっている。

 香港では民主派議員らが「(中国政府に屈する)奴隷根性」、「中国政府のご機嫌取りで芸能人の恥」と厳しく非難し、香港メディアでも「成龍(ジャッキー・チェン)は奴隷」の見出しも躍り、本人が香港の観光大使であることに「不快であり、降板せよ」との苦情が香港観光局に17件も寄せられた。

 台湾の反発はさらに激しい。本人は今年9月に台北で開かれる「デフリンピック(聴覚障害者のオリンピック)」のイメージキャラクターとなっているため、同発言後、台北市民から降板を求める厳しい意見が寄せられ、野党・民進党の立法委員(国会議員)や市民らは台北市役所へ同キャラクター解任を求めるデモを展開(写真右)。5月18日には天安門事件再評価を求め、ジャッキーの発言にも抗議するため、青年団体がデモが予定している。

 台湾独立色の強かった陳水扁前総統が再選された2004年3月の台湾総統選挙直後も「世界最大の笑い話だ」と中国大陸寄りの発言をして4年間にわたって台湾へ入境できないほど物議を醸し、今回の発言で反発が再燃している。5月1日、北京五輪のメーンスタジアムだった国家体育場でコンサートを開く予定。ネット上では「抗議に行く」との書き込みもあり、政治的発言の反響は大きい。

 1954年4月、香港・九龍生まれ。本名は陳港生で原籍は山東省。住み込みの料理人の父、家政婦の母のもと、幼少期は生活が苦しく豪州へ移住。六歳の時、香港にもどり、七歳で中国戯劇学院に入学しカンフーと京劇を学ぶ。1971年、ブルース・リー主演の「ドラゴン怒りの鉄拳」でスタントマンとして陳元龍の芸名で出演。下積みや豪州移住を経て76年に「成龍」の芸名で「スネーキー・モンキー 蛇拳」主役として再デビューし、七八年、「ドランク・モンキー 酔拳」が大ヒットして一躍アジアの人気アクションスターに。98年、「ラッシュアワー」でハリウッドに本格進出し、ハリウッドスターに。台湾女優・林鳳嫡さんとの間に1男。55歳。(2009年4月24日=深川耕治記)

最新中国株情報 WINTRADE

バックナンバー