マカオ関連記事
2007年12月19日記 最新中国株情報 WINTRADE


  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









マカオに新カジノ「MGMグランド」が開業
ラスベガス脅かす世界一のカジノ都市に成長へ

 07年12月18日、マカオに米カジノホテルチェーン大手のMGMミラージュが出資する新たなカジノ「MGMグランド」がマカオ半島の新口岸地区にオープンした(写真左)。カジノだけでなく、ショッピングも楽しめる一大レジャー施設となり、オープン初日は5000人のギャンブラーがオープン時間を待った(写真右)。最近、マカオに次々とカジノが開業していることについて専門家は世界のカジノ中心地、米ラスベガスを脅かす勢いだと指摘している。

 新カジノ「MGMグランド」は35階建てでホテル部屋数600部屋、スロットマシーン890台、カジノゲームテーブルが385台、総額100億香港ドル(1500億円)を投じて完成。MGMが開業したマカオのエリアにはすでに多くの新カジノが開業し、今年1月から9月の期間、売り上げ高は前年同期比47%増の総計585億香港ドル(1香港ドル=15円)に上る。

 今年8月にはサッカー場三個分の大きさを誇るフロアに870台のカジノゲームテーブルのあるベネチアンリゾートがタイパ島地区にオープンしており、マカオのカジノブームは当分、加熱状態が続く。MGMグランドはマカオのカジノ王と呼ばれたスタンレー・ホー氏の実娘、パンシー・ホー(何超瓊)氏がオーナー。一段上の富裕層をターゲットにショービジネスやショッピングを充実させることを目指している。


日本に居ながら、中国IPOを100%ゲットする方法


日本に居ながら、中国IPOを100%ゲットする方法

最新中国株情報 WINTRADE