話題の人登場 2012年8月24日記(深川耕治)

   



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO








尖閣諸島に上陸した香港の活動家 立法会議員選挙に出馬している曾健成氏

 尖閣諸島(中国名・釣魚島)の中国領有権を主張する香港の民間団体「保釣(釣魚島防衛)行動委員会」メンバーの一人として魚釣島に15日上陸し、17日に那覇から強制送還されて香港では英雄的な歓迎を受けた。

 大柄の体格とヒゲの風貌から「阿牛」の愛称で呼ばれる。不法入国容疑で逮捕された際、「尖閣諸島は中国の領土であり、不法入国には当たらない」「再び上陸する」と述べ、中国本土でも支持が広がっている。

 中国政府にとって頭痛の種は、同メンバーの中で唯一、来月9日に投開票される香港立法会議員(定数70・任期4年)選挙に立候補していて、しかも反中共の急進民主派であるということだ。

 中国共産党に対しては、一貫して天安門事件(1989年)の再評価や民主化運動弾圧の中止を要求している。特に急進民主派は過激な言動で中国の民主化を主張することから、共産党とは対立関係にある。反共愛国という点で是々非々の関係にあり、今回の尖閣上陸が民主派支持拡大へつながることを中国政府は最も懸念している。そのキーマンの一人だ。

 1956年1月26日、中国広東省宝安県生まれ。天安門事件が起こった1989年から社会運動を開始。同年、支連会(香港市民支援愛国民主運動連合会)常務委員となり、香港島東区区議員(91〜99年、04年〜06年。95年から3年間、香港立法局議員。民主党常務委員(94〜99年)、96年6月、香港保釣行動委員会メンバーとなり、05年、民間FMラジオ局「民間電台」召集人。香港島東区区議員を経て香港立法会議員選挙に出馬している。


■尖閣諸島に関する曾健成氏への単独インタビュー内容

■香港の「保釣行動委員会」幹部とのインタビュー内容

バックナンバー