話題の人登場 2012年8月3日記(深川耕治)

   



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO








豪雨災害で北京市長を辞任 郭金竜北京市党委書記

 北京市ナンバー2である北京市長を4年勤め、北京市トップである北京市党委書記には7月3日に選出・昇格されたばかり。

 77人の死者を出す過去61年間で最大となった21日の北京市の豪雨被害に対する市政府の対応不足に、被災地では強い不満が渦巻き、25日に北京市長職を辞任した。

 27日には選出されたばかりの北京市トップ、北京市党委書記の立場で甚大な被害を受けた房山区を王安順市長代理と共に視察し、「今回の災害での教訓は特別に深い。反省して永遠に心に刻み、このような災害を二度と起こさせない」と深々と頭を下げて陳謝した。

 北京市当局は豪雨の死者数を当初、37人としてきたが、26日夜に77人に修正。ネット上では「隠ぺい体質は変わっていない」と怒りをあらわにする書き込みが多く、北京各紙は身元が確認された死者の名前を掲載し、中国中央テレビも一人一人の名前を読み上げるなど、政府への不満回避に神経を使っている。

 胡錦濤国家主席に近く、団派(共産主義青年団派)。王安順市長代理は曽慶紅前国家副主席に近い上海閥。党中央指導部である政治局入りが確実視されていただけに今秋の党大会人事前に波乱となっている。

 1947年7月、江蘇省南京市生まれ。南京大学物理系を卒業後、四川省忠県水利電力局、同県長を経て90年に楽山市党委書記、92年に四川省副省長就任。00年にチベット自治区党委書記、04年に安徽省党委書記となり、08年に北京市長、今年7月に北京市党委書記に就任。65歳。



バックナンバー