話題の人登場 2009年12月31日記(深川耕治)  最新中国株情報 WINTRADE

   



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO








中国人小説家でレーサーの韓寒氏

 中国の若者の間で最も人気のある新進気鋭の男性作家で、一部では「魯迅の再来」とも言われる。

 本人の持つ78のブログでは開設した06年以来、現在までに約3億回のアクセスが殺到。中国で大きな社会問題、事件が起こるたびにブログ上で鋭い批評を書いて国内外の知識人を唸(うな)らせるだけでなく、多くの一般大衆に影響を与える中国一のブロガー(ブログを書く人)だ。

 国内で四川大地震の義援金使途不明問題、高速道路汚職、土地売買をめぐる住民の強制退去問題など社会矛盾が起こると、ブログ上の発言が巨大な世論のようになる脅威的な影響力を誇る。08年、仏大統領がダライ・ラマ14世と会談して中国内でフランスのカルフール製品不買運動が展開された際、過激な愛国主義を「市場の冷やかし」とブログでたしなめたところ、愛国青年たちの激しく攻撃したが、「近代五輪はフランス人のクーベルタンが創始者。これ(北京五輪)もボイコットしてみろ」と一喝。

 いまや大きな事件が起こるたび、韓寒ならばどう見るかを大衆は探し出そうとし、「公共知識分子」として大きな世論形成の一翼を担うほどだ。

 父親は党宣伝部関係の仕事をしていているが、息子である自分に「入党を勧めたことはない」と言う。むしろ、自分のブログ記事での文章上の間違いをこっそり修正してくれる子煩悩ぶりであることを香港メディアに独白している。

 1982年9月23日、上海生まれ。1999年、上海松江第二高校時代に中国の「新概念」作文コンクールで一等賞を受賞し、翌年退学。長編小説「三重門」はベストセラーとなり、テレビドラマ化されて現在までに203万部を売り上げる。

 第二作「零下一度」、武侠小説「長安乱」、長編小説「一座城池」「光栄日」「彼の国」など精力的に執筆活動を展開。04年、中国のカーレース「アジア宝馬カップ」で優勝。自らメガホンを取って脚本演出した中国初のカーレース映画「50キロ」を制作。09年は中国カーラリーN組総合優勝を果たし、カーレーサーとしても頭角を現している。27歳。




最新中国株情報 WINTRADE

バックナンバー