話題の人登場 2012年6月3日記(深川耕治)

   



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO








中国女子板飛び込みの新星 何姿選手

 
7月27日に開幕するロンドン五輪を控え、北京五輪で米国(110個)に次ぐメダル100個(金28、銀21、同51)を取った中国はニューヒーロー、ニューヒロインの誕生を心待ちにしている。

 伝統的なお家芸とも言える女子板飛び込みについては1990年代に活躍した伏明霞、アテネ五輪や北京五輪で一世を風靡した「跳水女皇(飛び込みの女王)」の郭晶晶に続くヒロインとして「跳水公主(飛び込みのプリンセス)」と国内メディアが持ち上げる本人に注目が集まっている。

 中国のポータルサイト「捜狐」が選ぶ「ロンドン五輪中国選手団10大美女」ではトップに躍り出て「新郭晶晶」と持てはやされている。中国選手団296人の平均年齢は24.68歳で本人は21歳なので若手の急成長株だ。

 4年前の北京五輪では、金メダリストである郭晶晶、呉敏霞ペアの前に見る影もなかったが、2010年のアジア大会で金メダルを取ってから大躍進。とくにこのころ、発売された写真集がヒットし、「飛び込みの美女」の異名も。

 今年の全国大会では板飛び込み3メートルで400.1点という高得点をマーク。「目標達成へ前進あるのみです」との強靱な精神力を保ち、金メダルに最も近い女子選手の一人と言われるようになった。引退した郭晶晶を一番尊敬する先輩として慕い、「動きもそっくり」(清華チーム時代の于芬コーチ)だ。

 1990年12月、広西チワン族自治区南寧市生まれ。6歳の時に板飛び込みを始め、00年に清華板飛び込みチームに入り、06年にはナショナルチーム入り。1メートルと3メートルの板飛び込みについては郭晶晶の後継者と目されている。07年世界選手権板飛び込み1メートル、09年の国体板飛び込み1メートルで優勝。10年のメキシコ大会女子シンクロ板飛び込み3メートルと板飛び込み3メートルで優勝し、11年世界水泳上海大会では女子シンクロ板飛び込み3メートルで金メダルを取り、躍進中だ。中国人民大学新聞学部1年生。21歳、独身。



バックナンバー