台湾関連情報  2008年3月21日記  最新中国株情報 WINTRADE


  • 見出し一覧(戻る)
  • 台湾情報
  • 香港情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









総統選の投票へ帰省ラッシュ 台湾総統選2008
大多数は国民党支持 民進党支持者も


 3月22日の台湾総統選挙に投票するため、世界各国で暮らす華僑や中国大陸で働く台商(台湾人ビジネスマン)、その家族らが二十日以降、次々と台湾に帰省し、支持する政党の選挙本部を訪問して一人でも多くの有権者が参加できるよう選挙ムードを高めている。

 海外から帰省して投票する人は野党・国民党支持者が台商二十万人と華僑五万人(写真=深川耕治撮影)を合わせて二十五万人を突破。与党・民進党支持者は約八千人に比べ、政権奪還に意欲を燃やす国民党は四年前の先回選挙よりも人数を更新した。

 サンフランシスコから帰省したばかりの高文雄さん(79)は「1100ドルで航空チケットを買って自腹でやってきた。国民党はグループごとに割引チケットを購入するので大挙して台湾に戻ってくるが、われわれはもう少しで逆転勝利する」と興奮気味に話す。海外の台湾組織は国民党系と民進党系にはっきり分かれており、台湾内の与野党同様、激しい攻防を続けながら政権奪還か維持かで思惑が錯綜している。(深川耕治=08年3月21日記)

最新中国株情報 WINTRADE

台湾新閣僚リスト(04年5月20日〜)

台湾総統選2004特集

            

トップへ
トップへ
戻る
戻る