連載 変わりゆく香港「一国二制度」10年の実験
 激戦・台湾総統選2004
 ルポ コピー天国・中国
 中華圏の魚食ブームを探る



ルポ コピー天国・中国

大瀝鎮のバイク販売店。ほぼ100%が日本製バイクを模倣したニセモノを売る。2年ほど前までは販売員が、バイク目当ての客が乗る車を止めてラミネート写真の見本を見せて客寄せしていた

ルポ コピー天国・中国

 見た目は本物そっくり、よく見ると安い粗悪なニセモノ――中国では、そんなコピー商品(模倣品)による日系企業の被害が増え、公安当局も取り締まりに乗り出した。模倣品はボールペンから家電製品、テレビゲームソフト、二輪車、四輪車に至るまで多種多様。最近は中国メーカーの模倣品もはんらんし、品質レベルも向上、ニセモノと分かっていても安さに引かれる消費者心理を悪用している。内外の企業利益侵害だけでなく、中国製品のブランドイメージさえ傷つく深刻な事態に解決策はあるのか。「コピー天国」と揶揄(やゆ)される中国の実情を探った。
(南海市・深川耕治、写真も=2002年9月10日記)

  1. バイク密売現場に潜入/倉庫内で際どい商談―広東省南海市 (02年9月10日記)
  2. 偽ロレックス買う日本人/「生産大国」としての比重大―広州 (02年9月12日記)
  3. 軽すぎる処罰が再犯生む/模倣品対策で出遅れた日本 (02年9月14日記)
  4. 国内優良企業にも被害拡大/WTO相談センターを設立 (02年9月16日記)

  1. 連載 特選