中国関連記事 特選

2008年3月2日記 最新中国株情報 WINTRADE


  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









江沢民氏、パーキンソン病で重病か 多維新聞報道

 3月1日、米国のネット中国語ニュースサイト「多維新聞」がスクープ情報として報じたところによると、中国の江沢民前国家主席(81)が顔面神経痛とパーキンソン病を患って重病という。江氏の健在ぶりが最近報じられたのは07年11月8日、武漢市の帰元寺を訪れて若い女性たちと一緒に記念撮影(写真右)した姿がネット上で流れて以来、情報がない。

 同情報に対し、3月5日開幕の全国人民代表大会(全人代=国会)に出席する江沢民氏の実妹・江沢慧氏は二日、香港メディアの直接取材に「(兄は)健康状態が良好」と話している。

 また、台湾の中央通信北京電は、中国の李鵬元首相(79)が2月5日夜、突然脳卒中の発作を起こし、一命は取りとめたが後遺症が残った状態と伝えている。北京の301病院に運ばれ、緊急処置を受けて口や目が歪んでおり、未確認情報としながらも顔面麻痺状態で生命危機は完全に脱していないとしている。

 李鵬氏は1988年、首相に就任。江沢民政権時代の98年、全国人民代表大会常務委員長(国会議長)となり、03年3月に退任して政界を引退していた。昨年10月15日、第17回党大会の開会式に出席したことが確認されている。(深川耕治=08年3月2日記)








最新中国株情報 WINTRADE

日本に居ながら、中国IPOを100%ゲットする方法