話題の人登場 2010年5月13日記(深川耕治)  最新中国株情報 WINTRADE

   



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO








「中華版スーザン・ボイル」と注目集める台湾の林育群さん

 台湾のオーディション番組「超級星光大道」でホイットニー・ヒューストンのヒット曲「アイ・ウィル・オールウェイズ・ラブ・ユー」を繊細な力強い高音で歌い上げたが、当時、審査員らはあまり評価しなかった。

 だが、その映像が動画サイト「ユーチューブ」に投稿され、欧米メディアが注目し、アクセス数が300万回を超える爆発的人気に。世界が注目したことで台湾でも人気となり、一躍時の人になった。

 この曲を歌う理由は、幼い頃から育ててくれた祖母に捧げるためだった。

 英オーディション番組から世界的スターとなった歌手のスーザン・ボイルさんやポール・ポッツさんの大ブームに似た現象で、台湾では「第二のスーザン」「中華版スーザン・ボイル」と呼ばれている。

 4月にハリウッドなど米国訪問後、5月6日から10日まで香港に滞在し、地元メディアに出演したり、CNNやNHKなどの取材を受けるなど精力的にPR活動。香港でのギャラは10万香港ドル(1香港ドル=13円)だそうだ。5月9日の「母の日」には屯門での記念イベントに出席した。500人の参加者の前で熱唱し、カーネーションを本人から受け取った老婦人は感動で嗚咽する一幕も。

 実母には5月4日、台湾で一足早い母の日のプレゼントとして歌を歌い、アイスクリームを一緒にほおばる姿が地元メディアで報じられた。

 「プロダクションからは香港でグルメを楽しむスケジュールを許可してくれた。いまは体重110キロだけど、香港名物料理を食べるのでダイエットできないよ」と内外メディア40社を前に記者会見もユーモアたっぷりだ。

 ニックネームは「小胖」(おデブ君)。元智大学卒業後、2009年10月、台湾のテレビプロデューサー王偉忠氏がプロデュースする「明星芸能学園」の歌唱クラスに加入。台湾政治大学金弦賞独唱の部で優勝し、オーディション番組「超級星光大道」に3回出場したことがきっかけで有名になった後も楽器店でアルバイトしていた。台湾生まれの24歳。



最新中国株情報 WINTRADE

バックナンバー