董政権、最大の危機に直面
主要高官2人が辞任

 香港特別行政区政府は七月十六日、梁錦松(アントニー・リョン)財政長官と葉劉淑儀(レジィ
ーナ・イップ)保安局長の辞任を発表した。香港基本法(ミニ憲法)二三条に基づく国家安全条
例の立法をめぐり大規模な反対デモが展開されれ、「高官問責制(閣僚制)」が機能を果たして
いないと批判されるなど、特別行政区政府成立以来の大幅な人事上の変動となった。内閣に
相当する行政会議メンバーの全面的改編もささやかれるなど、董政権は、最大の危機に直面
している。

 リョン長官は同日、董建華・行政長官に辞表を提出し受理され、即日辞任となった。当面は
経済発展及労工局の葉●(樹の木ヘンをサンズイに)◆(埜の木を方に)(ステファン・イップ)
局長が財政長官代行を兼務することになった。一方、保安局のイップ局長は「辞職の通知は
一カ月前に行う」との問責高官の契約内容に従い、六月二十五日に「一身上の理由」による辞
表を提出して受理され、今月二十五日に正式に退任する。局長代行はまだ決まっていない。
童長官は十二日に北京市に赴き、中央政府に二人の辞任を含めた活動報告を行う。

 リヨン長官は今年度の財政予算案の策定で新車登録税の引き上げを検討している最中、自
ら高級車を購入予算案発表後に事実が発覚し批判を浴びた。この問題を受けてリヨン長官は
三月に辞表を提出したものの、董長官に慰留されたという。リヨン長官がこのたび発表した辞
任声明では具体的な辞任理由は挙げず、「現在が辞任に最も良い時期」と述べている。その
理由として、@財政予算案の主な増収策が立法会で承認されたA重症急性呼吸器症候群
(SARS)が終息し経済復興計画が本格始動したB中国本土とのより緊密な経済・貿易関係に
向けた協定(CEPA)を締結した、の三つを挙げている。

 十七日付「信報」によると、リヨン長官は一日の大規模デモの後に董長官に対し行政会議メ
ンバーの再編を主張し、自らは辞意を表明したという。十五日に再度、童長官に辞任の意向を
示し、十六日にイップ局長の辞任を知った後に童長官に正式に辞表を提出したという。新車購
入の問題に関しては廉政公署(ICAC=汚職取締署)が十五日、司法部門に調査報告書を提
出しており、リョン長官が起訴される可能性も取りざたされている。童長官が辞表を受理したの
も、この報告書提出がきっかけともいわれる。

 注目される後任の財政長官人事だが、十七日付香港各紙では、工商及科技局の唐英年(ヘ
ンリー・タン)局長、香港金融管理局(HKMA)の任志剛(ジョセフ・ヤム)総裁、空港管理局
(AA)の馮国経(ビクター・フォン)主席らの名を挙げている。


◆内閣は大幅入れ替えか

 基本法二三条に基づく立法の実務に当たっていた保安局のイップ局長は、諮問・広報の過
程でその手法が強引だと批判され、市民の反感を買った。さらに数多くの座談会に出席して立
法反対派と論戦を繰り広げ、民主派、法曹界、宗教界、学術界のいずれをも敵に回すこととな
った。イップ局長は昨年、立法が成功しなければ引責辞任すると発言していたが、実際に辞表
を提出した六月二十五日の前日には立法会で民主党議員と舌戦。「礼儀知らずな人には答え
ない」と怒る姿がテレビで放送され、これを見て七月一日のデモ参加を決めた人もいたという。
イップ局長は辞任声明で「二三条の立法作業が予定通り完了しなかったことは遺憾だが、一
人の中国人として、保安局局長として責任を持ってこの神聖な仕事を推進してきた。歴史的な
任務に携わることができたのを光栄に思う」と述べている。

 童長官はイップ局長の辞任に対する声明の中で「長期休暇の取得を勧めるなどで慰留した
が、本人の意思を尊重することにした」と辞表受理に至る経緯を語っている。童長官のイップ
局長に対する声明では賛辞の言葉も多く、曽蔭権(ドナルド・ツァン)政務長官も「辞任は政府
にとって大きな損失である」とコメントし、たたき上げの高級女性官僚であるイップ長官の退任
を惜しむ声は多い。

 その一方で政府内部では国家安全条例立法のイメージを回復するためにも、イップ局長か
ら担当を代えることも考えていたようだ。十四日付「りんご日報」は国家安全条例の広報活動
を民間のPR会社に委託することを政府が検討していると報じている。さらに董長官は高官二
人の辞任が発表された翌日の記者会見で二三条の立法に関してあらためて諮問を行うと述べ
ており、立法は仕切り直しとなるもようだ。

 マスコミの問では今回の二人の辞任を皮切りに問責高官、行政会議メンバーの辞任が相次
ぐと予想する向きもある。十七日付「信報」では、「セント株暴落」を招いた報告書を 「見てい
なかった」と弁明した財経事務及庫務局の馬時亨(フレデリック・マー)局長、新型肺炎(SAR
S)の処理を誤ったと批判された衛生福利及食物局の楊永強局長、民意を見誤ったとの理由
で劉兆佳・中央政策組首席顧問の名を挙げている。自由党の田北俊(ジェームス・ティエン)主
席が先に閣僚を辞任したことで、香港政府と政党との連立体制がすでに崩壊したともいわれ
る。財界からも閣僚の大幅な入れ替えが叫ばれるなど、市民の信頼回復に向けた董政権の
建て直しに注目が集まっている。


◆梁長官と葉局長支持率が30%減
◆就任前トップが辞任時ワースト2

 七月十六日、梁錦松(アントニー・リョン)財政長官と保安局の葉劉淑儀(レジーナ・イップ)局
長がともに辞職を発表した。七月一日の大規模デモの後に行われた香港大学の世論調査で
は十四人の閣僚がいずれも前月より支持率を下げた。この調査でワースト2となったリヨン長
官とイップ局長は約一年前、同職に任命された直後の同調査でトップ3の人気を誇っていた。
 香港政府で「高官問責(閣僚)」と呼ばれるのは三人の長官と十一人の局長。行政長官が直
接指名して政策上の失敗を問い、彼らは行政長官に対して責任を負う。董建華・行政長官が
この高官問責制を導入したのは二〇〇二年七月一日。二期目の施政にあたって各行政機関
のトップを自ら指名することで指導力強化を図ったものだ。この制度はまた、香港基本法(ミニ
憲法)第二三条による国家安全条例の立法に着手する政治基盤づくりともいわれた。

◆問われる閣僚制

 その立法の過程において特区政府は香港のみならず海外の民主団体や外国政府からも批
判を受けた。一方で重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行で苦境に陥った市民は政府への
不満を募らせた。結果、七月一日のデモに約五十万人(主催者側発表、香港警察はピーク時
約三十五万人と推計)が集まり、董長官に退陣を求めた。七日、閣議メンバーであった自由党
の田北俊(ジェームス・ティエン)主席が「国家安全(立法)条例」草案の採決延期を主張して辞
任。親中派で知られる民主建港連盟の曽鉦成・主席(閣議メンバー)が内閣改造の可能性を
ほのめかした。このはか民主党は閣僚制の是非を問う動議を立法会に提出した。

◆高評価から転落

 新車購入で疑惑が浮上したリヨン長官と二三条立法で市民の反感を買ったイップ局長は七
月一日のデモでは童長官とともに非難の的となっていたが、約一年前、閣僚の顔触れが発表
された直後には支持率がそれぞれ六二%、七五%と高かった。リョン長官は〇二年三月、〇
二/〇三年度財政予算案において公務員の給与削減を打ち出す半面、市民が懸念する「陸
路出境税」など新税の導入を見送った。公務員として保安局長をめていたイップ局長は中国本
土生まれの香港人子女の居住権問題などの難題に果敢に対応した。二人はむしろ市民に好
感されていた。
 リョン長官とイップ局長はデモ直後の七月二−四日の調査でワースト2に転落。トップ3だった
一年前の就任時から三〇%近くの市民の支持を失った。

◆失業率過去最悪の8・6%

 香港統計処は十七日、二〇〇三年四−六月の失業率を八・六%(速報値)と発表した。過去
最悪を更新した三−五月の八・三%からさらに〇・三ポイント上昇。失業者数は一万二千七百
人増えて三十万人に達した。不完全就業率は〇・五ボイント上昇して四・三%となった。
 失業率の悪化は重症急性呼吸器症候群(SARS)の影響に加え、卒業シーズンを迎えて学生
の就職活動が始まったことが主な原因と分析されている。経済発展及労工局の葉●(樹の木
ヘンをサンズイに)◆(埜の木を方に)(ステファン・イップ)局長は「SARSの影響で特にホテル
やレストランで無給休暇を要請された従業員が多く、不完全就業率にも影響が出た。だが、状
況はすでに固復に向かっている。空港利用者は七月、一日平均八万人を数える。六月は同約
四万人、五月の最も少ない時で同約二万人だった。
(03年7月25日記)

【14人の閣僚の支持率(香港大学民意サイト調べ資料:『明報』『星島日
報』)】
役職          氏名            02年6月03年6月03年7月
政務長官        曽蔭権(ドナルド・ツアン) 79(1)63.6(1)56.0(1)
財政長官        梁錦松(アントニー・リヨン)62(3)42.8(13)35.8(13)
司法長官        梁愛詩(エルシー・リヨン) 39(9)49.0(10)40.4(9)
工商及科技局局長    唐英年(ヘンリー・タン)  38(10)55.1(5)46.8(5)
房屋及規画地政局局長  孫明揚(マイケルースン)  45(6)51.9(7)45.4(7)
教育統葦局局長     李国章(アーサー・リー)  46(5)56.3(3)49.7(3)
衛生福利及食物局局長  楊永強           41(8)46.6(11)39.4(10)
公務員事務局局長    王永平(ジョセフーウォン) 45(6)49.6(9)43.9(8)
民政事務局局長     何志平(パトリック・ホー) 19(14)51.6(8)45.5(6)
保安局局長       葉劉淑儀(レジーナ・イップ)75(2)53.0(6)34.6(14)
経済発展及労工局局長  葉樹埜(ステファン・イップ)52(4)55.5(4)48.2(4)
環境運輸及工務局局長  廖秀冬(サラ・リャオ)   23(13)60.9(2)54.7(2)
財経事務及庫務局局長  馬時亨(フレデリック・マー)28(12)40.9(14)38.2(12)
政制事務局局長     林瑞麟(スティーブン・ラム)31(11)43.8(12)38.6(11)



トップへ
トップへ
戻る
戻る