連載 北京五輪と中国



 連載 変わりゆく香港「一国二制度」10年の実験
 激戦・台湾総統選2004
 ルポ コピー天国・中国
 中華圏の魚食ブームを探る




 来年八月八日に開幕する世界最大のスポーツの祭典、北京五輪まで残り一年を切った。アジアでは一九六四年の東京、八八年のソウル五輪以来、二十年ぶり三度目となる夏季五輪は人口十三億人を抱える大国・中国をどう変えていくのか。交通渋滞、環境問題、食の安全、人権問題など懸念材料が山積する中、開催都市・北京を中心に中国内部から見える矛盾や課題を追った。
(北京・深川耕治)

  1. 天空にそびえる“鳥の巣” 不動産は高騰、交通渋滞も 07.9.6
  2. 大気汚染と“新四害”に挑戦 中産階層も週末は郊外別宅で 07.9.7
  3. 消えぬ“国産”不信の連鎖 人気の日本米「高くても安全」 07.9.8
  4. 選手たちへの愛国教育を徹底 国威発揚、「中国軍魂」を鼓舞 07.9.10
  5. サッカーアジア杯の教訓どこに 日本国歌に鼻歌 野球プレ大会 07.9.11
  6. フィットネス、五輪バネに飛躍も 大衆への浸透はこれから 07.9.12
  7. 投資目的の不動産購入増加 庶民は株式に熱狂 07.9.15
  8. 偽五輪グッズが氾濫 “コピー天国”汚名返上はいつ? 07.9.17
  9. 同化進行する内蒙古 文革の爪痕、下放世代の心に 07.9.17
  10. 少林寺ビジネス、五輪で沸騰 IOC会長が訪問、新作映画も 07.9.18
  11. TVドラマ、現代劇が主流に 視聴率激戦でコスト削減 07.9.19
  12. 映像技術革新で地殻変動 香港映画も原語上映へ 07.9.21
中国株スーパーバブル攻略法!