中国企画記事 特選
2004年6月20日記

青島沖で中英海軍合同救難演習 中国山東省
 中国人民解放軍北海艦隊と英国海軍の艦隊は二十日、中国山東省青島沖の黄海海上で初の合同海難救助演習を行い、艦艇附設のヘリコプターを使った高レベルな救難訓練も実演、両軍の交流を深めた。

 新華社電などによると、合同海難救助演習を行ったのは中国海軍北海艦隊所属のミサイル駆逐艦「ハルピン」や補給艦「洪沢湖」と英国海軍のミサイル駆逐艦「エクセター」など。同演習には米仏独など十五カ国の中国駐在武官十五人が現場を見学した。

 同演習では艦艇の実践通信、海上での共同救難演習、海上捜索時のヘリコプターを使った救助活動などを行った。中国軍が他国軍と行う大規模な合同演習は今年に入り、三月十六日に中仏海軍が合同海難救助演習を行って以来となる。

 中国国防省外事弁公室の銭利華副主任は「今年は中英国交樹立五十周年にあたり、同演習は両国間の友好関係をさらに親密にできると思う」と話している。英国海軍艦隊は同日、合同演習を終了後、韓国へ向かった。(04年6月20日記)