連載 変わりゆく香港「一国二制度」10年の実験
 激戦・台湾総統選2004
 ルポ コピー天国・中国
 中華圏の魚食ブームを探る



上海万博の基本情報(取材情報提供は張明海・上海市人民政府発展研究センター研究員)

【基礎データ】
テーマ「Better City, Better Life」
1.上海万博の概要
総面積:4.O 平方q
・博覧会会場 3.1平方q
・公園    0.6平方q
・その他の施設 0.4平方q

エキシビションホール 0.9平方q
補助施設  0.5平方Km
道路、広場  0.5平方q
緑地    1.2平方q
○位置:黄浦江にかかる南浦大橋と慮浦大橋間のウオーターフロント
○特徴:
川  一 活力
運河 一 環境
樹木 一 自然
2.経済効果
予想経済効果:2,110億元(1元=15円換算)
(内訳)
博覧会への投資、運営:470億元(会場建設費<土地代、建設費、その他>245億元、運営費<人件費、広報、運営経費など>225億元)
関連投資 800億元
個人消費(入場券代含む)840億元
◆ホテル建設
・室数(2つ星〜5つ星):2001年 50,000室 → 2010年 70,000〜80,000室
・博覧会期間中のホテル稼働率:90%
・近隣地への観光波及
◆個人消費
・予想来訪者数:7,000万人
(内訳)地元14% 近隣37% 国内43% 海外6%
・予想入場券売上額:107億元(入場券:20米ドル)
・その他の消費:730億元
3.波及効果
 投資によってもたらされる効果:1,200億元
 消費によってもたらされる効果: 780億元
◆製造業
・金属加工 137億元
・機械 123億元
・化学 103億元
・食品加工 76億元
・交通設備 55億元
・通信 52億元
◆上海のGDP成長率
・投資:1,270億元→2003〜2009年 GDP2%増加
・消費: 840億元→2010年5%増加
◆雇用
10万人以上の雇用創出見込み
現在の上海失業者600,000人(内登録者284,000人)
過去の万博の雇用創出実績:
1985年 つくば 19000人
1986年 バンクーバー 63000人
1992年 セビリア   7500人
1993年 大田     200000人
◆不動産
博覧会会場周辺の住宅価格は2003年6〜12月で20〜30%上昇
◆観光:海外から上海訪問者数:
250万人→2010年 1,000万人
国内の上海訪問者数:       2010年 6,000万人
観光歳入、144億元に達する見込み
◆長江デルタの開発
  過去の万博で地域発展例:
1972年 大阪
1985年 ニューオーリンズ
1992年 セビリア
◆上海市内の人口分布再構築
・市中心部:660平方qに定住者920万人(2000年中国国勢調査)
高い人口密度(13,860人/Km2)
・計画:850万人以下に抑制
・副都心の出現:海港新城、松江新城、嘉定新城
・市中心部の再構築
1980年より4,300万平方bの古い建築物を撤去し、8,000万平方bの新しい建物の建設

2001年末時点での上海の定住人口は1300万人。半年の居住許可者を含めば1600万人。一年間の居住許可者を含めれば1900万人となる。

※ 張明海・上海市人民政府発展研究センター研究員
1965年生まれ。中国・復旦大学経済管理学部卒業。同大学院で博士号(経済学)取得。経済学博士。2002年より現職。専門分野は経済成長論。

深川耕治の現地リポート 上海万博まであと1年

上海万博Shanhai EXPO 2010