現地紙で読む最新情報
 2004年12月9日速報


  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









◆恵州、干ばつの東江川底から宝物現れる(香港紙「りんご日報」12月8日付)
 中国・広東省を流れ、香港などに水を供給する東江は、干ばつによって水位が史上最低となっている。流域の恵州市では川底が見えた東江から歴史的価値のある埋蔵物が数々発見されている。恵州には宋代に栄えた港が3カ所あったことから、東江の底には沈没船や数々の歴史文物が眠っている。川底から現れた歴史文物に目を付けた人々は競って「宝探し」に走り、古銭だけでも20トン余りが拾い上げられたもようだ。その多くは香港や海外へ流出したとみられる。歴史文物の流出を防ぐため、恵州市博物館は作業員を派遣し、すでに4万点余りの文物を回収した。

◆東莞、水道料金を来年から32%値上げへ(中国系香港紙「文匯報」12月8日付)
 中国・広東省東莞市では水道料金が来年1月1日から32%引き上げられる見込みだ。東莞自来水公司などの水道会社は先ごろ連名で市の物価局に1月1日からの値上げ案を提出した。各社は値上げの理由として干ばつによる資源枯渇のほか、都市整備による水道管網の改造、水質向上に向けた処理コストの増加なども挙げている。値上げ案は平均21%値上げと平均32%値上げの2案。水道使用量の多い香港系企業の間では、今年に入って生産コストが上昇し赤字に陥っている企業も多く、さらに水道料金が上がることによって倒産に瀕する企業も現れるという。

◆ヴァージン航空、中国通信産業に参入意欲(香港英字紙「サウスチャイナ・モーニングポスト」12月8日付)
 英国系航空会社、ヴァージン・アトランティック航空が12月7日、ロンドン―香港直航便を就航させたのに伴い、同社のリチャード・ブランソン会長が香港を訪れた。1999年から運航しているロンドン―上海便に続いて、中国本土の各都市に乗り入れる構想を語った。また、中国の移動体通信産業への資本参加も検討しており、3億米ドルの予算を組んで中国の大手企業と交渉中とコメントしたが、交渉相手などの詳細は明らかにしていない。

◆日本脳炎、香港人7人に過去の感染(香港各紙12月9日付)
 香港衛生防護センター(CHP)は12月8日、香港島南区鴨●洲に住む285人の血液検査で、日本脳炎に最近感染した例はなかったが7人に過去の感染を示す抗体反応が見られたと発表した。この検査は、11月18日に海怡半島(サウスホライズン)に住む男性の日本脳炎感染が確認されたことを受けて行われた。抗体反応が出た7人はいずれも同マンションではなく付近の住民で、うち6人は香港域外の出身者だった。
●=にくづきに利

◆クリスマスの消費マインドは上向き(香港紙「りんご日報」12月8日付)
 香港樹仁学院が先月、1041人の市民を対象に行ったクリスマスと元日の消費に関する調査で、昨年よりも41%多い、61%が「今年は去年よりもお金を使う予定」と回答した。消費の内容で最も多いのは外食で全体の40%を占め、次いで衣料品、ギフト用品などだった。また56%が「今年は昨年よりもクリスマスと元日の到来をうれしく感じる」と答え、昨年より47%増加した。

◆MTR、割引乗車券でJAL航空券を贈呈(香港各紙12月8日付)
 香港MTRコーポレーションは、日本国際観光振興機構(JNTO)の協力を受け、エアポートエクスプレス団体割引乗車券を販売する。例えば香港駅から香港国際空港駅まで大人片道100香港ドル(1香港ドル=15円)のところ、2人で160香港ドル、3人で210香港ドル、4人で250香港ドルとなる。この特別乗車券にはそれぞれ、蔵王の樹氷、姫路城、富良野の風景が描かれ、12月15日〜2005年2月28日まで販売。購入すると、日本航空(JAL)香港―東京便の往復航空券2枚が当たるラッキードローに参加できる。

◆北九龍裁判所、年末で閉鎖(香港紙「東方日報」12月6日付)
 香港・新界地区深水●の大埔道にある北九龍裁判法院(地方裁判所に相当)が12月31日で閉鎖される。1960年に完成して44年の歴史を持つ同裁判所は5階建て、外側に六角形階段を付けた独特の旧式建築。テレビドラマや映画のロケに多く使われたほか、食堂は朝食のボリューム多いと評判、市民になじみ深い場所という。深水●区議会では建物を保存し、香港司法機構博物館として再利用するよう政府に要請している。特区政府は赤字解消策として裁判所の統廃合を進めており、今年初めには西区裁判法院を閉鎖した。2005年には▲湾、屯門裁判法院も閉鎖が予定されている。
●=土へんに歩、▲=草かんむりに全





日本に居ながら、中国IPOを100%ゲットする方法



sokuhou041213html.htmlへのリンク