現地紙で読む最新情報
 2007年11月28日速報 最新中国株情報 WINTRADE


  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









■中国国家外為管理局、ヤミ金融問題で広東省視察(香港紙「信報」11月27日付)
 中国国家外為管理局は11月26日、同局の胡暁煉局長が広東省を視察していることを明らかにした。公安当局と協力しヤミ金融の取り締まりに力を入れるもようだ。胡局長一行は国際収支の均衡化に向けた調査研究のため、外為管理局広東省分局などとの会議を行うほか、外為指定銀行や企業などを訪問。ヤミ金融を通じたギャンブル、密輸、脱税、マネーロンダリングについては公安当局と協力して徹底的に取り締まると説明している。

■深セン、香港との合併計画を否定(中国系香港紙「香港商報」11月27日付)
 中国広東省の深セン(土ヘンに川)市政府が先に発表した2020年までの都市計画について海外メディアでは香港と深センの合併につながるものと報じられているが、深センと中央の当局は完全なうわさだと否定した。深セン市規画局の担当官は「目下のところ深センと香港の合併計画案に参画している関連機関はない」と述べ、都市計画は香港との連携を強化することで、合併して1つの都市になることではないと説明した。中央政府の関係部門も合併計画は聞いたことがないとし、国策である1国2制度は現在少しも変わっていないことを強調した。

■香港の10月の輸出総額9.8%増、予測上回る(香港紙「香港経済日報」11月27日付)
 香港政府統計処は11月26日、10月の輸出総額が前年同期比9.8%増の2530億香港ドル(1香港ドル=15円)に達し、予測を上回ったと発表した。香港貿易発展局の潘永才アシスタントチーフエコノミストは「これは昨年同期の伸び率が低かったため。今後2カ月は6〜7%の伸びにとどまり、通年では予測通り8〜9%となる見込み」とコメント。また、先週の感謝祭商戦は好調だったものの、潘氏は「小売業者の大幅な値下げによる成果」と分析。「不安定な株式・不動産市場や高騰する石油価格などで不振が続く対米輸出がクリスマス時期も振るわず、年末の輸出額への影響が憂慮される」と述べている。

■香港のエリザベス病院、がん患者の臓器を移植(11月28日の香港地上波テレビ局・無線電視<TVB>ニュース)
 香港のクイーンエリザベス病院で行われた移植手術で、臓器提供者が肺がんにかかっていたことが後日判明する医療事故があった。ドナーの男性は10月26日、工事現場の落下事故で病院に運ばれ、4日後に死亡。その翌日、胃と肝臓を4人の患者に移植した。このとき、肺に直系1.4ミリのしゅようが見つかったが「良性」と判断。しかし解剖の結果、悪性の早期リンパ腫であることが分かった。移植を受けた患者の容体が安定していること、「早期の段階なので、胃や肝臓を移植された患者ががんにかかるリスクは少ない」と見る医師のコメントを伝えている。

■香港の昂坪ロープウエー、レスキュー隊が救出訓練(香港紙「明報」11月28日付)
 香港・ランタオ島のロープウエー「昂坪360」で11月27日、消防処、民安隊による救出訓練が行われた。強風下での訓練は、ロープでつられたレスキュー隊員が担架を携え、宙づりになったゴンドラへ乗客の救出に向かうというもの。全長5.7キロメートルの行程のうち、海面上での救出作業が最も困難で高度な技術が要求されると、劉樹林・消防処新界総区消防総長は語っている。昂坪360は今年6月11日、 ゴンドラ落下事故があり、運行を休止。経営陣を刷新して、運行再開に向けて体制の見直しと施設の点検作業を行っている。

■寒波で香港の火鍋需要増、牛肉不足を懸念(香港紙「星島日報」11月27日付)
 香港への寒波到来で火鍋(中華風しゃぶしゃぶ)の需要が増える中、具材として欠かせない牛肉の供給が減少しており、火鍋を出すレストランなどでは書き入れ時の供給不足が懸念されている。「九龍牛羊商会」によると、11月26日に香港に入荷した活牛はわずか49匹と普段の3〜4割だった。同会では27日の活牛の供給量も予測できない状態だ。中国本土から豚や牛の輸入を行う「五豊行」でも、濃霧の影響で本土での活牛の輸送が滞り、26日までの輸入がスムーズでない。ある火鍋店では「最近は牛肉の供給が不安定だが、目下のところ値上げは考えていない」と語った。

■ランランが香港コロシアムで演奏会(香港各紙11月27日付)
 中国を代表するピアニストの1人、郎朗(ランラン)が2008年1月8日に香港コロシアムで演奏会「パナソニック・ランラン・コンサート(郎朗楽声献香江)」を開催する。今回は胡詠言氏の指揮で中央音楽学院EOS交響楽団と共演し、チャイコフスキーの「大序曲1812年」と、ショパンの「ピアノ協奏曲第1番」、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」を演奏する予定だ。入場券は480、380、280、180ドルで、28日からURBTIX(電話852−2734−9009)で発売する。