現地紙で読む最新情報  2007年12月20日速報

     



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









■深センのトップ、広東省党委の林雄宣伝部長に確定(香港紙「星島日報」12月19日付
 湖北省の省長代理に転任した張鴻忠前党委書記に代わり、深セン(土ヘンに川)市の新しい党委書記に広東省党委員会の林雄宣伝部長が就任することが確定した。林氏はかつて中央弁公庁に勤務し、当時、中央政治局候補委員だった温家宝首相の秘書を務めた。中央に広い人脈を持つ一方、広東省での勤務は13年にわたり、香港、台湾企業との関係も密接という。海南省出身で48歳、東莞市党委副書記、茂名市市長、肇慶市党委書記などを歴任した。 

■宋代の沈没船、引き上げ保存へ 広東省陽江(香港紙「明報」12月20日付)
 800年以上前に沈没したまま海に眠っていた宋代の商船「南海一号」が07年12月22日に中国広東省陽江の海域から引き上げられる計画だ。沈没した南海一号の存在は1987年に判明したが、引き上げ資金不足や技術未熟で、発見後二十年間はそのまま海中に沈んだままだった。沈没船は引き揚げ船「華天龍」(最大引き上げ重量4000d=写真左=)によって引き上げられる予定。引き上げ後、地元の博物館の「水晶宮」コーナーで展示される。商船内にある八万点余りの文物は総額一千億ドルの価値があるという。

■深セン・香港両政府、協力会議で7協定(香港各紙12月19日付)
 香港を訪れている中国広東省深セン(土ヘンに川)市の許宗衡市長らは07年12月18日、香港特区政府との協力会議「深港合作会議」を開催した。両政府は越境インフラ建設推進、環境保護、都市計画協力など7項目の協定に調印。両地の空港を鉄道で結ぶ構想やボーダーの周辺開発に関しては合同専従チームを設置することで合意した。新たな税関・出入境管理所となる蓮塘/香園囲口岸については、設置場所とアクセスルートの計画を来年第1四半期に完成させるという。

■香港のMTR南港島線、オーシャンパークへ直行(香港各紙12月20日付)
 香港運輸及房屋局の鄭汝樺(エバ・チェン)局長は07年12月19日、MTR南港島線(東セクション)の建設計画について発表した。港島線との乗り換え駅であるアドミラルティーから全長約7キロメートルに香港海洋公園(オーシャンパーク)、黄竹坑、利東、海怡半島(サウスホライズン)の4駅を設ける。アドミラルティーからオーシャンパークまで約4分、サウスホライズンまで約9分で結ぶ。2011年に着工し、遅くとも15年の開通を目指す。湾仔、ハッピーバレーに駅を設ける案は見送られた。 

■香港ディズニー「改善必要」と局長答弁(香港各紙12月20日付)
 香港立法会(議会・定数60)で07年12月19日、香港ディズニーランドの経営不振が議題に上った。一部報道では、米ウォルトディズニー社が銀行融資の返済予定を1年繰り上げて金利負担を軽減する方針などが伝えられている。米ディズニーとの交渉状況について問われた香港商業経済発展局の馬時亨(フレデリック・マー)局長は、「開園2年目までの業績は理想的ではなかった。大株主として改善が必要だと認識している」と述べ、米ディズニーと交渉中で内容はまだ発表できないが、商法上の守秘義務に違反しない範囲で業績を立法会に報告し、経営の透明度を高めると答えた。 

■連休中の香港の出入境者数、延べ904万人を予測(香港紙「りんご日報」12月19日付)
 香港出入境管理処では、07年12月20日から08年1月2日までのクリスマスと新正月の連休期間中、出入境管理所を利用する人は昨年同期比9.1%増の延べ904万人になると予測している。利用のピークは羅湖、落馬洲の両出入境管理所ともに12月24日のクリスマスイブになるとみられ、同日の羅湖の出境者予測は延べ23万8000人、入境者予測は延べ36万3000人と混雑が予想されている。

■愛犬の死で精神的ダメージ、慰謝料請求(香港紙「東方日報」12月19日付)
 香港でこのほど、ペットショップに預けた犬の損害賠償を求める裁判が行われた。原告の58歳の男性が飼っていたペキニーズをペットショップに預けたところ、「事故死した」とビニール袋に入れて返された。シャンプー台から落ち、手綱で首を締めたとの説明があったという。この男性は愛犬を亡くしたショックでやせ、不眠や憂うつになり、抜け毛や性的不能に陥ったとして慰謝料10万香港ドル(1香港ドル=15円)のほか、犬の購入代金、飼育費用などを請求した。12月18日の公判では原告が精神的苦痛を和らげるためドラッグを使ったことがあると発言して裁判官に注意を受けたが、訴えが認められ、ペットショップに賠償金と裁判費用の支払いが命じられた。しかし、香港にはペットの死による慰謝料に関する法例がないことから、賠償額は犬の購入価格1750香港ドルにとどまった。

最新中国株情報 WINTRADE