現地紙で読む最新情報  2007年12月27日速報

     



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









■広東省、今年のGDPは台湾超える(香港紙「信報」12月27日付)
 中国広東省の黄華華省長は、今年の同省の域内総生産(GDP)は3兆元(45兆円)を突破し、台湾を上回るとの見込みを明らかにした。これは07年12月25〜26日に開かれた中国共産党広東省委員会第10期第2回全体会議で報告された。GDP伸び率は14.5%に達する見通し。来年の経済目標としては、GDP伸び率は9%、固定資産投資伸び率は15%、輸出入伸び率は10%、物価上昇率に当たる住民消費価格伸び率は4%以下に抑え、都市部住民の平均可処分所得は9%の伸びを目指すという。 

■珠海、航空産業園の建設を計画(中国系香港紙「文匯報」12月27日付)
 中国広東省の珠海市政府は07年12月26日、「珠海市航空産業発展計画」を発表した。同計画はこのほど広東省政府の承認を経た。市政府は敷地面積40平方キロメートル余りの航空産業園を建設する計画で、航空メンテナンス、航空機の製造・修理、データ処理センター、航空物流などのプロジェクトが考えられている。香港空港管理局も航空産業園の計画に参画しているという。 

■香港ディズニー、トランジット客の需要喚起(香港紙「明報」12月26日付)
 香港ディズニーランドは、香港国際空港でトランジットのため短時間滞在する旅行者を同園に誘導できるよう空港送迎付きトランジット・チケットを2008年1月から198香港ドル(1香港ドル=15円)で販売する計画だ。同社幹部はトランジット客が約6〜7時間の待ち時間を空港内で過ごしていることに着目し、ディズニーランドがその需要を満たせるとみている。このほか同社は経営改善策として、香港海洋公園(オーシャンパーク)との提携を提示したが海洋公園側に拒否され、昂坪360ロープウエーやビクトリアピークとの提携を打診すると立法会で報告している。 

■亥年に香港でイノシシの出没相次ぐ(香港紙「東方日報」12月26日付)
 亥(い)年にあたる今年は香港全域でイノシシの出没が相次ぎ、社会問題の1つとなった。近年、野生のイノシシの繁殖が増えて食料不足となり、人家付近にエサを求めて山から下りて来るケースが目立ち、06年、香港漁農自然護理署に寄せられた苦情は140余件に上った。07年は大埔、西貢、沙田などの新界地区をはじめ、香港島アバディーンやハッピーバレーにも姿を現し、先ごろは黄大仙でもイノシシの姿が確認された。特に粉嶺では付近住民を威嚇したり、農地を荒らす被害が深刻だ。07年2月から12月末までに大埔狩猟隊の出動は40回に上り、30頭余りのイノシシを射殺。大きいものでは180キロ近いイノシシもいたという。このほか、西貢狩猟隊も今年は各地に出動しており、今月24日にも沙田で2頭を射殺したばかり。専門家は香港域内に生息するイノシシの数は図りしれないと警告。立法会議員の中からはプロのハンターを派遣して市民の安全を確保すべきとの意見も出ている。

■新年カウントダウン、IFC2から花火(香港各紙12月26日付)
 香港のビクトリア湾で行われる光と音楽のショー「幻彩詠香江(シンフォニー・オブ・ライツ)」は07年12月31日に特別な演出を加え、新年のカウントダウンを行う計画だ。香港政府観光局(HKTB)が主催する観光プロモーション「香港ウインターフェスト」の一環として、曽蔭権(ドナルド・ツァン)行政長官も臨席。同夜23時43分から花火とレーザー光線のショーが上演され、23時59分40秒からカウントダウンが始まる。2008年1月1日午前零時の時報とともに国際金融中心2期(IFC2)が花火で彩られる。 

■約4年ぶり、華流スターのF4がMV撮影(香港紙「星島日報」12月26日付)
 台湾の人気グループF4が新曲『在這裡等●(Waiting For You)』のミュージックビデオ(MV)の撮影を行った。4人がそろってMVの撮影を行うのは約4年ぶり。この曲はF4がイメージキャラクターを務める台湾観光局制作のドラマ『這裡発見愛』のテーマソング。ドラマには周渝民(ヴィック・チョウ)と朱孝天(ケン・チュウ)が出演している。新曲を含むF4のニューアルバムは07年12月28日に発売予定だが、年末は4人のスケジュールが合わないため、プロモーション活動などは08年1月から行う予定だという。【●=にんべんに尓】


最新中国株情報 WINTRADE