現地紙で読む最新情報  2008年1月21日速報

     



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









■広東省政府活動報告、GDPは台湾超えた(中国系香港紙「大公報」1月18日付)
 中国広東省の黄華華省長は1月17日に開幕した広東省人民代表大会(省議会)で政府活動報告を発表した。過去5年の経済発展では域内総生産(GDP)が2002年の1兆3502億元から07年には3兆606億元に拡大、すでに台湾を上回る規模に達した。1人当たりGDPは4000米ドル余り。08年の目標としては、GDP伸び率が9%前後、固定資産投資伸び率が15%、物価上昇率を4%以下に抑え、都市部住民の可処分所得伸び率で9%、農村部住民の収入伸び率で7%を目指す。2012年までにGDPは4兆5000億元、平均伸び率9%を目標にしている。

■深セン不動産、抑制効果表れ今年は調整続く(香港紙「星島日報」1月18日付)
 中国の深セン(土ヘンに川)市国土資源・房地産管理局はこのほど、不動産市場には過熱抑制効果が表れ、今年も調整が続くとのリポートを発表した。中央政府と市政府による一連の抑制策が効果を表し、昨年第4四半期には住宅価格と取引量のいずれも低下。昨年11月の平均住宅価格は1平方メートル当たり約1万5000元(1元=15円)で、前年同月比13%減だった。また国家発展改革委員会が17日に発表した全国70都市の12月の住宅販売価格では、前月比伸び率が前月より0.6ポイント低下するなど、全国的にも抑制効果が表れてきた。

■北京五輪まで200日、香港でも記念活動(香港各紙1月21日付)
 今夏8月8日に開幕する北京五輪まで「あと200日」となった1月20日、香港でもオリンピック開催を記念するイベントが行われた。民政事務総署と香港オリンピック委員会が主催するカウントダウン記念式が香港海洋公園(オーシャンパーク)で行われ、唐英年(ヘンリー・タン)政務長官は、「緑色奥運(環境保護オリンピック)」という今大会の主旨を語った。香港が会場となる馬術競技でも施設の空調などに省エネ設備を導入するという。

■日韓ドラマの海賊版を香港でネットオークションにかける(香港紙「星島日報」1月18日付)
 香港税関は先ごろ、日本と韓国のドラマの海賊版を台湾のネットオークションで販売していた38歳の香港人男性を摘発した。男は中国本土で購入した日本と韓国のドラマの海賊版ディスクを香港の自宅で大量に複製し、パッケージを正規版のように装い、台湾のネットオークションに出品していた。男は海賊版のオークションで月3〜4万香港ドル(1香港ドル=15円)を稼いでおり、1月16日に海賊版を小包にして台湾に送るため郵便局に現れたところを逮捕された。自宅には4台のコンピューターとディスク約14000枚(計43万香港ドル相当)があり、税関が押収した。

■サッカー、中国の「上海申花」が香港で試合(香港各紙1月20日付)
 1月24日に香港スタジアムでサッカーマッチ「滬港杯(Hong Kong―Shanghai Cup)」が開催される。この大会は毎年2月に行われる香港と上海のプロチームによる親善試合。今年は中国のスーパーリーグから「上海申花(Shanghai Shenhua)」が出場し、香港の昨シーズンのリーグチャンピオン「南華(サウスチャイナ)」と対戦する。上海申花はワールドカップに出場した中国代表などスタープレーヤーやが多く所属していた強豪で、昨年はAFC(アジアサッカー連盟)チャンピオンズリーグでJリーグの浦和レッズと対戦した。試合開始は20時15分。入場券は60香港ドル(1香港ドル=15円)で、学生およびシニアは20香港ドル。香港サッカー協会(九龍何文田仏光街55号)で販売している。

■女性タレントが殴打、湾仔で男を逮捕(1月20日の無線電視《TVB》ニュース)
 香港女性タレントの湯盈盈(アンジェラ)さんが1月20日、テレビドラマのロケに赴いた湾仔で、撮影後、春園街で旧正月の飾り物などを売る露店を眺めていたところ、金髪の男性にののしられ顔面を殴られるという事件があった。アンジェラさんの付き人が男を追跡。パトロール中の警官が現場に赴き、太原街にいた容疑者とみられる男を逮捕した。

最新中国株情報 WINTRADE