現地紙で読む最新情報  2008年1月29日速報

     



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









■広州、雪による列車遅延で15万人が滞留(香港紙「香港経済日報」1月28日付)
 
中国広東省広州市にある広州駅では1月27日、大雪の影響で15万人の旅客が駅構内と周辺に滞留する騒ぎとなった。雪の影響で同駅では1月26日から北上79本、南下57本の列車が遅延。列車を待つ旅客は駅の外にまであふれ、周辺道路を閉鎖したため交通も大きな影響を受けている。広州駅では乗車券の販売を停止し、すべての窓口で24時間態勢でキャンセル手続きを行っている。天候が好転しない場合は状況がさらに悪化し、28日には滞留する旅客が60万人に達する見込みだ。

■中国本土の豪雪、列車と食料が遅延混乱(1月28日の香港電台《RTHK》ニュース)
 中国本土では、甘粛省から広西チワン族自治区への14省・自治区にわたる広い範囲で豪雪となり、香港にもその影響が出ている。北京―香港間の直通列車は停電のため到着が遅れ、香港MTR港鉄ではホットライン(852)2947−7888で情報を提供している。湖南省では積雪で高速道路が封鎖されて一般道も渋滞がひどく、香港向けに出荷した活豚が輸送途上で凍死したという。特区政府の調べでは、活豚輸送のトラックが約150台、広東省内で渋滞に巻き込まれているもよう。香港の街市(公設マーケット)では本土産野菜の供給が通常の50〜70%に減り、価格は3割ほど上昇している。

■広州市政府、パークンなど16社に価格介入(中国系香港紙「文匯報」1月26日付)
 
中国広東省の広州市物価局は1月24日、大手スーパーなど企業16社に対して価格介入を実施した。これら企業には値上げの際に当局への報告を義務づけ、物価の抑制を図る。価格介入が行われるのはパークン、好又多、万佳などの香港系を含む大手スーパーや穀物、油、肉、ガスなどを扱う企業。これら企業は1回の値上げ幅が4%以上である場合などに物価当局に24時間以内に書面で報告しなければならず、違反した場合には最高100万元の罰金を科されることとなる。

■旧正月前、香港・旺角の風俗街を捜査(香港紙「星島日報」1月28日付)
 香港警察と香港入境事務処は1月27日、16時間に及び違法風俗店の合同検査を行った。旧正月の連休中は風俗業界も書き入れ時となるため、警察では非合法組織が中国本土の風俗嬢を大量に香港に送り込むとみている。同日は旺角の「色情四街」と呼ばれる●蘭街、上海街、新填地街、山東街の4カ所の捜査を行い、男女30人を連行した。うち26人は18〜51歳の女性で、中には双程証(親せき訪問目的の一次往復ビザ)で香港入りし、客引きのために露出度の高い服装をした女性も多かった。また、同日は違法風俗ディスクの摘発も行い、約2万2000枚(総額90万香港ドル相当)のディスクを押収した。【●=石へんに本】

■香港のパンダに旧正月特製のえさ与える(香港各紙1月28日付)
 旧正月を間近に控え、香港海洋公園(オーシャンパーク)で飼育されている4頭のパンダに旧正月料理を模したえさが与えられた。同園では安安、佳佳、盈盈、楽楽のために、高繊維質のビスケットを使って「油角(砂糖やピーナツなどが入った揚げお菓子)」、ダイコンと水を使って中華風もちを再現した。もちは朱色でめでたさが感じられる出来栄え。4頭はクンクンとえさの臭いをかいでから、手に取って大きく口を開けてモグモグと食べ、3分とかからずすべて平らげたという。

■香港人気ユニット「ツインズ」のジリアン、ネットにいたずら映像流出(香港紙「明報」1月29日付)
 香港の女性人気ユニット「ツインズ」の鍾欣桐(ジリアン・チョン)と陳冠希(エディソン・ チャン)と見られる男女のベッドでくつろぐ姿が1月27日夜、ネット上に流出して話題となり、所属事務所が法的手段に訴える構えを見せている。問題になっているのは、ジリアンに似た顔立ちの若い女性が上半身裸でベッドに横たわり、その手前にエディソンが顔をのぞかせている映像。ジリアンの所属事務所は「合成画像である」と香港警察に被害届を出し、エディソン側も弁護士を通じて「悪質ないたずら」とコメントしている。

最新中国株情報 WINTRADE