現地紙で読む最新情報  2008年1月30日速報

     



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









■温家宝中国首相、豪雪の湖南省長沙被災地を視察(1月29日の香港電台《RTHK》ニュース)

 中国の温家宝首相は1月29日、豪雪被害が深刻な湖南省長沙市を視察した。長沙空港が閉鎖されたため、温首相は湖北省の武漢へ飛び、列車に乗り換えて長沙に到着。交通と電力の復旧には凍った雪を溶かすことが重要と説いた。華中、華東地域では約50人が死亡し、7000万人以上が被災したと見られ、直接的な経済損失は220億元(1元=15円)に上ると推算されている。

■香港系企業の7割が珠江デルタ撤退の意思なし 香港貿易発展局調査(香港各紙1月29日付)
 香港貿易発展局(HKTDC)の調査によると、中国広東省の珠江デルタ地帯に工場を置く香港系企業の70%余りは移転・撤退の意思がないことが分かった。同調査は昨年10〜11月に行われたもので、337社が回答。加工貿易政策の転換によって影響を受けているという企業は75.1%、環境保護対策の強化に懸念を抱いている企業は76.3%となっている。だが、珠江デルタから他地域への移転を検討している企業はわずか21.7%で、このうち半分は江西省など中国国内での移転を検討している。移転の意思がない70%余りの企業は移転コストの高さや、珠江デルタを離れると競争力を失うことを理由としている。

■深セン、昨年のGDPは14.7%増(中国紙「深セン特区報」1月29日付)
 中国広東省の深セン(土ヘンに川)市統計局は1月28日、2007年の経済統計を発表した。昨年の域内総生産(GDP)は前年比14.7%増の6765億4100万元(1元=15円)、昨年の平均人口を853万人とすると1人当たりGDPは為替レート換算で1万628米ドルとなり、初めて1万米ドルの大台に乗り先進国のレベルとなった。固定資産投資は同5.6%増、貿易総額は同21.1%増、住民の平均可処分所得は同10.2%増、消費者物価は同4.1%増だった。

■中国本土の豪雪でダイヤに乱れ、列車切符払い戻しも(香港各紙1月30日付)
 中国本土の豪雪により、陸と空の便に大幅な遅れが出ている。香港のMTR港鉄によると、1月27日午後2時に香港を出発した直通列車は29日夕刻、まだ北京に到着していない。北京や上海からの直通列車も到着せず、折り返し香港から出発する予定の列車は運転のめどが立たない状況だ。MTR港鉄では、直通列車の乗車券を予約購入して乗車しない人は、出発前あるいは出発予定時刻から30日以内であれば全額払い戻すと発表した。列車の運行状況はMTRホットライン(852)2947−7888へ問い合わせのこと。また、1月29日午後には南京、長沙、南昌、武漢、合肥、鄭州、貴陽の7カ所の空港が閉鎖された。香港郵政によると、安徽、重慶、貴州、河南、湖北、湖南、山西、四川の各省と新疆ウイグル自治区の郵便物集配にかなり遅れが出ている。

■中国本土籍女性の香港での出産が激減(香港紙「明報」1月29日付)
 中国本土籍女性の香港での出産急増が社会問題となり、香港入境事務処は07年2月から香港の病院で出産予約をしていない妊娠7カ月以上の女性の入境を認めない新措置を開始した。これにより、本土籍女性の香港での出産が激減したという。昨年2月1日から12月31日に香港非居住者である妊婦3万2468人のうち、7.7%にあたる2499人が香港の病院の予約証明書を所持しておらず、入境を拒否された。医院管理局の資料によると、昨年12月に救急診療室に入院して分べんした香港非居住者は毎週平均約20人で、06年の毎週平均209人に比べ、大幅に減少した。

■香港の密輸対策で肉類捜査犬を訓練(香港各紙1月29日付)
 牛肉や豚肉の価格上昇が取りざたされる中、香港漁農自然護理署では現在、麻薬捜査犬ならぬ肉類捜査犬を育成している。選ばれた5頭の捜査犬は、中国本土から違法に持ち込まれる動物や肉類を見つけ出すべく、旅行者の手荷物から肉のにおいをかぎ分ける訓練をしている。旧正月で本土との往来が急増する2月には各税関で密輸取り締まりの任務に就く予定。

■業界のめん値上げ提案、香港政府当局が注視(香港紙「星島日報」1月29日付)
 1月28日、港九粉麺製造業総商会はめん製品の値上げを業界に提案する新聞広告を掲載した。これに対して商務及経済発展局は文書を送り、成り行きを注視している。同会は広告で、原材料の高騰に加え、輸送費や包装費の値上げでコストの急激な上昇に直面しているため、めん製品の卸売りと小売り価格をそれぞれ20%と25%に引き上げるよう提案した。これに対して商務及経済発展局では企業間で価格を決める価格カルテルの可能性もあるとし指摘する文書を送った。また、消費者委員会でも同会に対して提案の撤回を呼び掛けている。一方、これを受け、あるめん製造所では2月1日から全製品の20%値上げを予定しているという。


最新中国株情報 WINTRADE