現地紙で読む最新情報  2008年2月1日速報

     



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









■広東省、出稼ぎ労働者の帰省50万人に減少(中国系香港紙「大公報」1月31日付)

 中国広東省では当局の呼びかけによって帰省を断念する出稼ぎ労働者が増え、帰省ラッシュと豪雪による混乱が緩和される見込みだ。1月29日までの広東省労働保障庁調べによると、帰省を予定している出稼ぎ労働者の割合は1月27日の48%から45%に低下、帰省者の数は50万人に減少した。広東省深セン(土ヘンに川)市は広東省にとどまる出稼ぎ労働者のサポートに500万元(1元=15円)余りを投じるほか、広東省仏山市も企業の春節(旧正月)イベントを支援、中山市は生活補助なども支給する。

■香港エンペラーグループ、南寧にテーマパークを建設(香港紙「信報」1月31日付)
 香港の英皇国際(エンペラー・インターナショナル)は広西チワン族自治区でテーマパークの建設を計画している。同社は南寧市に敷地面積1300万平方フィートのテーマパークを建設する計画で、投資総額は50億元(1元=15円)と見込まれる。3〜4段階に分けて建設し、第1期は10億元を投じて2011年に完成、16〜17年にはすべて完成する予定だ。テーマパーク以外に6つ星級ホテルやリゾート施設も建設するという。同社としては中国本土で最大のプロジェクトとなる。

■香港オーシャンパークの野鳥、鳥インフル感染(香港各紙1月31日付)
 香港政府漁農自然護理署は1月30日、香港海洋公園(オーシャンパーク)で回収されたゴイサギから初歩検査でH5型ウイルスが検出されたと報告した。同園で飼育されている鳥ではなく、1月28日に大樹湾側のバックオフィスで見つかった野鳥の死がいだという。96種、約900羽の鳥類を飼育する同園では、安全確保のため、一時的に観鳥園を閉鎖し、鳥の出演するアトラクションを一時とりやめることを決めた。

■07年の観光統計、海外旅行客のべ2817万人が香港入り(香港各紙1月31日付)
 香港政府観光局(HKTB)が1月30日に発表した観光統計によると、2007年には前年比11.6%増の延べ2816万9293人が香港を訪れた。その55%にあたる延べ1548万5789人が中国本土からの旅行者で、前年比13.9%増。このうち「個人遊」「自由行」と称される個人資格の観光ビザで入境した人は延べ859万3141人で55.5%を占め、ツアーでなく個人旅行が主流となっている。日本からの旅行者は延べ132万4336人で前年比1.0%増となった。

■日本と香港との航空協議、自由化へ前進(香港各紙2月1日付)
 日本と香港との航空当局間協議が1月31日、香港で開催され、「空港容量に制約のある首都圏空港を除き、日・香相互に、乗り入れ便数を自由化する」などの内容が合意された。合意書には国土交通省の奈良平博史・国際航空課長と香港運輸及房屋局の鄭港涌(フランシス・チェン)首席秘書長補佐がサインした。香港当局の発表によると、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、沖縄への便数が増え、鹿児島、岡山などへの新路線が開設できる見通し。成田空港での発着は旅客・貨物を合わせて週108回までとすることにも合意した。香港のドラゴン航空は同日、この協議内容に歓迎の意を示した。

■旧正月の花火、「北京」を夜空に(香港各紙1月31日付)
 旧正月2日(今年は2月8日)恒例の香港での打ち上げ花火の内容が発表された。ミッションヒルズ・グループがスポンサーとなり、約700万香港ドル(1香港ドル=15円)を投じて製作された「過去最大規模」という。夜8時からの23分25秒間に4万発を打ち上げ、ビクトリア湾の海上、幅1キロ、高さ300メートルにわたって夜空を演出する。古代のお金の形やオリンピック開催を祝って「北京」「2008」といった文字を描く仕掛け花火もある。無料の地上波テレビ局2社ではハイビジョンの実況中継を予定している。

■15歳の香港少年、ドラッグパーティー呼びかけ(香港紙「星島日報」1月31日付)
 インターネット上でドラッグパーティーへの参加を呼び掛けていた15歳の香港少年がこのほど補導された。少年はネットの掲示板に、自身の誕生日である2月1日に「深セン(土ヘンに川)市のディスコでパーティーを開催する。女性は参加無料、男性は参加費150香港ドル(1香港ドル=15円)、同日は全員に無料でK仔(ケタミン)を提供する」と書き込み、参加者を募っていた。少年は掲示板に自分の生年月日や年齢、出身校を記しており、1年前に新界粉嶺の中学校を退学していた。警察では少年がドラッグの運搬に関与している可能性もあるため、取り調べを行う意向だ。

■セリーヌ・ディオン、マカオ公演チケット発売(香港各紙1月31日付)
 女性歌手セリーヌ・ディオンが08年3月15日にマカオのザ・ベネチアン・アリーナでコンサートを行う。チケットはA席が2500パタカ(1パタカ=15円)、B席1200パタカ、C席800パタカ。2月1日からサンズ・マカオのロビーとザ・ベネチアン・アリーナのチケット窓口で発売される。電話予約は853−2882−8818。

最新中国株情報 WINTRADE