現地紙で読む最新情報  2008年2月4日速報

     



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









■中国共産党政治局常務委、雪害対策を緊急討議(香港紙「明報」2月4日付)

 中国共産党の胡錦濤総書記は2月3日、政治局常務委員会議を開き、50年ぶりの豪雪による雪害対策について緊急討議し、被災地の交通、電力供給、民生などの保持を維持するよう強調した。被災人口は1億人を突破、経済損失は530億人民元(1元=15円)に達している。政治局常務委メンバー9人のうち、温家宝首相ら7人が被災地域の慰問・視察に出向き、現場の事情聴取後、交通運輸の正常化対策に乗り出している。

■NPO「中国性学会」、半年間の活動停止処分に(香港紙「星島日報」2月4日付)
 中国民政省は2月3日、中国で活動するNPO(非営利団体)「中国性学会」に対して性商品の商業活動を行ったことがNPO法規に違反するとして今後半年間の活動停止の処罰を命じた。同団体は昨年末、広東省広州市内で開かれた性に関する文化フェスティバルで自団体推奨として性に関する商品販売を行っていた。

■帰省しない民工に広州で無料豪華クルーズ提供(香港紙「蘋果日報」2月4日付)
 中国広東省の広州市総工会は2月3日、帰省を断念した出稼ぎ農民(民工)3000人に対して広州の珠江で豪華な遊覧船10艘による無料クルーズを提供した。広州市政府は市内の公園137カ所(通常は有料)を帰省できない民工のために春節(旧正月=今年は2月7日)期間、無料開放。深セン(土ヘンに川)市南山区政府は1000人余の帰省できない民工のために深セン大学体育館で年越しの食事や舞台劇、抽選会などを催す。

■台湾総統の南沙諸島視察にベトナム抗議(香港紙「星島日報」2月4日付)
 台湾の陳水扁総統が2月2日に中国やベトナムなどが領有権を争う南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島の太平島に軍用機で上陸視察したことについてベトナム外務省は「争いを高め、南沙諸島の領有主権を持つベトナムに違反する行為であり、この地域の情勢を複雑化させた」と抗議。陳総統の南沙諸島初視察に対してはフィリピン政府も反対声明を出している。

■ネットでニセ芸能人淫猥写真を流出させた香港人7人逮捕(香港紙「東方日報」2月4日付)
 香港のウェブサイト上で香港の芸能人に似た男女のわい雑な写真が流出した事件で香港警察当局は2月2日、撮影してインターネットに流していた香港人男性4人、女性2人を逮捕し、同3日にも男性1人を逮捕した。撮影した写真がストックされているコンピュータ会社を家宅捜索し、余罪がないか調べている。

最新中国株情報 WINTRADE