現地紙で読む最新情報  2008年4月8日速報

     



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









■香港司法長官、上海と杭州で仲裁をアピール(香港各紙4月8日付)
 香港の黄仁龍司法長官が4月7日から3日間にわたり、上海市と浙江省杭州市を訪問している。黄長官の訪問は、香港が国際仲裁サービスに果たす役割をアピールし、中国本土との司法面での連携を進めることが目的の1つ。7日は上海市の韓正市長と面会した後、同市の人民法院、司法局、弁護士協会などを訪問し、当地の法曹界関係者と懇談した。4月8日に中国国際経済貿易仲裁委員会上海分会や復旦大学を視察し、9日には浙江省の司法当局と会談を予定している。

■人民元上昇で中国のティッシュ類値上がり(香港紙「星島日報」4月7日付)
 中国では人民元相場の上昇でテイッシュ類の価格上昇に歯止めがかからない状態が続いている。中国本土の製紙大手「維逹」は4月1日から10パック入りのポケットティッシュの値段を3.5ドルから4ドルに引き上げた。同社は先月末にトイレットペーパーを5.3%値上げしたばかりだが、今月中旬にはさらにボックスティッシュの値上げを予定しているといわれる。また、昨年から今年にかけてすでにトイレットペーパーの値上げを行った「皇冠」「維潔雅」「潔柔」も近々、再度価格調整を行うといわれている。

■米ドル安で中国の外貨準高が357億米ドル縮小(中国紙「華夏時報」4月5日付)
 米ドル安の進行で、中国の2月末の外貨準備高が前月末と比べて357億米ドル目減りしたとの専門家の試算を掲載した。中国の2007年末の外貨準備高は1兆528億米ドル。通貨の構成比は公表されていないが、複数の専門家によると米ドル建てがその大部分を占める。専門家によると、米ドルレートは最近1カ月で国際主要通貨に対し平均2.6%下落した。中国の外貨準備資産の90%を米ドル建てと仮定すると、2月は357億米ドルの資産が目減りした計算。同月の中国の貿易黒字額の4倍に匹敵するという。

■中国大手食用油メーカー、値上げ申請許可される(中国紙「北京商報」4月7日付)
 中国国家発展改革委員会はこのほど、「金竜魚」などのブランドを展開する食用油生産大手、嘉里糧油(中国)有限公司の値上げ申請を許可した。「福臨門」ブランドを展開する同業の中国糧油控股有限公司も値上げを申請済みといわれており、大手メーカーの値上げで、同業他社の追随が予想される。メーカーの相次ぐ値上げは、国内外で大豆などの穀物価格が高騰していることが背景にある。嘉里糧油では先ごろ、「(値上げは)変動の激しい商品市況の動向を見極め、慎重に判断する」と値上げを先送りする姿勢を示していたが、続く原材料高で価格への転嫁を余議なくされた格好だ。業界関係者の間では、4月末に再度、メーカーによる値上げの波が来るとの見方もある。

■広東省、今後3年でマカオ5つ分の埋め立てを計画(中国系香港紙「文匯報」4月5日付
 中国・広東省は今後3年以内にマカオ5つ分にも相当する埋め立てを計画している。これは2005年に省政府務会議を通過し、今年2月に温家宝・首相がゴーサインを出した開発計画「広東省海洋功能区画」で示されているもの。大亜湾石油化学工業地帯の建設など第11次5カ年計画中(06〜10年)に実施される30件余りの重大プロジェクトにより沿海部各地で146平方キロメートルの埋め立てが計画されており、その面積はマカオの5.5倍に相当する。

■トニー・レオン、香港セントラルの店舗に投資(香港紙「香港経済日報」4月4日付)
 香港男優の梁朝偉(トニー・レオン)が2880万香港ドル(1香港ドル=15円)で香港島セントラルの店舗物件を購入したもようだ。その物件があるのはレストランが立ち並ぶ一等地のウエリントンストリート。現在はあるレストランが月額8万香港ドルで賃貸しているが今年10月の契約満了後はトニーが取締役を務める金壌有限公司の持ち物になるという。香港の芸能人の中には不動産に投資する実業家も多く、トニーはこのほかにもピークにある一軒家を恋人で女優の劉嘉玲(カリーナ・ラウ)と共同名義で所有。また周星馳(チャウ・シンチー)はチムサーチョイのショッピングセンター「gi」を経営することでも知られている。


最新中国株情報 WINTRADE