現地紙で読む最新情報  2008年4月17日速報

     



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









■中国商務相、広州交易会で輸出動向視察(香港紙「香港経済日報」4月16日付)
 中国の陳徳銘商務相は4月15日、同日開幕した「第103回中国進出口商品交易会(広州交易会)」を視察した。人民元相場の上昇、経営コストの増大、米国の景気減速などにより今回の広州交易会では成約高が減少すると懸念する出展者も多いが、商務部は現在の経営環境が輸出企業に与える影響を把握すべく会場で調査活動を行っているという。陳部長は会場でメディアの取材を受け、輸出動向を注視し必要に応じて対応措置を講じると明言した。

■中国で6月まで石油製品輸入の税還付継続(中国紙「中国証券報」4月16日付)
 中国財政省はこのほど、中国石油天然気集団(CNPC)と中国石油化工集団(シノペック)の国有2大石油会社が石油製品輸入時に収める増値税(付加価値税)を全額還付すると発表した。原油高に対応して導入した08年3月までの暫定措置を6月までに延長するもので、4月から6月にかけてCNPCが予定するガソリン50万トン、ディーゼル油100万トン、シノペックが予定するガソリン50万トン、ディーゼル油150万トンの輸入に税還付を行う。ただシノペック関係者によると、石油製品の輸入量は相対的に少なく、同政策による恩恵は限定的。精製部門の赤字をある程度圧縮できるものの、根本的な解決策にはならいないという。こうした情勢下、業界からは原油輸入にも増値税還付を実施すべきとの声が上がっている。

■中国の資源エネルギー系企業幹部、年俸100万元超(中国紙「北京震報」4月16日付)
 中国国内に上場する資源エネルギー企業の2007年12月通期決算の発表が出そろったことで、各エネルギー企業の経営幹部の報酬が明らかになった。最も額が大きかったのは石炭サプライヤー大手の中国神華集団で、幹部16人の07年の年俸合計は2404万元(1元=15円)。1人当たりの平均は150万2500万元となるが、100万元以上だったのは実際には8人。副総裁2人が業界最高の平均304万元となって、総額を押し上げた。また中国海洋石油(CNOOC)の油田サービス子会社、中海油田服務も、幹部6人の年俸が100万元超。さらに神火股分の4人、西部砿業の2人を合わせ、業界全体では計20人の幹部の年俸が100万元を超えた。

■香港の聖火リレー、4月18日昼間にリハーサル(香港各紙4月16日付)
 4月18日午前10時30分から午後5時30分まで、聖火リレー(香港区間)のリハーサルが行われる。香港九龍半島ののチムサーチョイ、青馬大橋・馬湾、沙田、紅●(石へんに勘)、セントラル〜湾仔間が段階的にコース周辺の交通規制が敷かれる。本番の5月2日が金曜であるため、同じく金曜の昼間にリハーサルを行い、所要時間や周辺道路への影響などを観測するのが目的。ランナーと車列は、チムサーチョイの香港カルチュラルセンターを起点に、クラシックカーでネーザンロードをパレードした後、車を乗り換えて青馬大橋へ向かう。青馬大橋では展望台までランナーが走り、再び車に乗り込んで沙田へ移動。沙田運動場周辺を走った後、ランナーがドラゴンボートに乗って川を渡り、馬術競技の会場を経由して昼食休憩。その後は再び車で移動し、紅●(ホンハム)バイパスから星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)のプロムナードを走って、フェリーでビクトリア湾を渡り、セントラルで上陸してゴール地点の湾仔の金紫荊広場を目指す。

■広州市当局がクレーン船を手配(香港各紙4月17日付)
 中国広東省広州市当局が手配したクレーン船「華天龍」が4月16日、香港海域に到着した。3月22日に小磨刀の西8キロメートルの海上で中国本土の運搬線と衝突し、沈没したウクライナ船籍の引船を引き上げるとともに、行方不明となっている15人の捜索を行う。4月末まで24時間無休で作業を続ける予定だという。

■山水画の世界へ、中国南方航空が香港―張家界便就航(香港各紙4月16日付)
 中国南方航空は4月15日、香港―湖南省張家界の直行便を就航した。張家界は「武陵源」の名前でユネスコの世界自然遺産に指定されている秘境。特に西南に位置する「張家界森林公園」は、奇岩がつくり出す幻想的な風景が山水画の世界そのものとして高く評価されている。16日には張家界市政府の関係者などが香港入りし、直行便の就航を記念して香港・九龍のチムサーチョイにあるホテルミラマーで式典と記者会見を開催した。直行便は毎週火曜と土曜に運航している。

■香港開催のユベントスとマンチェスター戦、発売日決まる(香港各紙4月16日付)
 香港で5月22日に「時富10周年サッカーデー」が開催される。同日は2つの招待試合を予定しており、18時から英プレミアリーグの「マンチェスター・シティー」と香港リーグの選抜選手で構成された「南華邀請隊(サウスチャイナ・インビテーションズ)」が対戦。同20時45分からはイタリアの「ユベントス」が香港の「南華(サウスチャイナ)」と対戦する。入場券は一般580、320、200、学生とシニアは150ドル。一般売り出しは香港スタジアム窓口で4月27日からで予約不可。一方、南華ファンクラブ会員は4月21〜25日に予約可能。「BOCクレジットカード」所有者は4月21〜25日にホットライン2861―1611で予約を受け付ける。

最新中国株情報 WINTRADE