現地紙で読む最新情報  2008年4月18日速報

     



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









■香港の失業率3.4%、やや上昇(香港各紙4月19日付)
 香港政府統計処は4月18日、2008年1月―3月の失業率を3.4%(速報値)と発表した。前回発表(07年12月―08年2月)から0.1ポイント上昇した。補修工事、通信、飲食業で失業率がやや上がる傾向がみられた。就業者数は6400人減って353万4000人、失業者数は6900人増えて11万8900人。労働人口は600人増えて、365万3000人。不完全就業率は前回と同じく1.9%で、10年来の最低水準を維持している。

■中国で外貨建て貸し出し急増、中国人民銀の指導に抜け道(中国紙「上海証券報」4月17日付)
 中国人民銀行(中央銀行)がこのほど発表した市中銀行の2008年1〜3月の貸出統計によると、外貨建ての貸出残高が3月末現在で2688億米ドルと前年同期と比べて56.92%増加した。1〜3月の外貨建て貸出額は07年10〜12月と比べて488億米ドル増え、増加額は前年同期を462億米ドル上回り、07年通年の増加額の95.5%を占めた。中でも2月の貸出額は前年と比べ214億米ドル増え、1〜3月全体の増加額の44%を占めた。アナリストは、銀行貸し出しの抑制に関し、国内ではこれまで常に人民元建ての動向が注目されており、人民銀の市中銀行に対する新規貸し出しの抑制指導でも、外貨建て業務について特に強調されていないと指摘。人民銀の窓口指導の「抜け道」を示唆した。

■珠江デルタの紡織品業界、輸出に打撃(中国系香港紙「香港商報」4月17日付)
 中国の広東省では生産コストの上昇や為替相場の影響で特に紡織品の輸出に打撃が表れている。4月15日に開幕した「第103回中国進出口商品交易会(広州交易会)」でも紡織品関連の展示では来場者が減少した。広州交易会の初日の来場者は前回比13.1%増の4万5000人だったが、紡織・衣類、靴などの出展ブースが集まる流花路会場では来場者が明らかに減少している。珠江デルタの紡織業界では生産コストの上昇に加え、特に米ドル相場が人民元に対し下落していることから米国からの発注減少が目立つ。出展していた珠江デルタの紡織品メーカーはいずれも製品価格が昨年に比べ平均5%以上引き上げている。

■中国人民銀、預金準備率0.5P引き上げ(4月16日の中国新聞社電)
 中国人民銀行(中央銀行)は4月16日、市中銀行から吸い上げる預金量の比率を占める預金準備率を0.5ポイント引き上げて16.0ポイントにすると発表した。25日から実施する。人民銀の預金準備率引き上げは2008年に入って3回目、06年7月以降で16回目となり、預金準備率は85年に現行制度を導入してから最高となる。同行は引き上げについて「金融引き締め政策を継続的に履行し、銀行体系の流動性管理を強化して、銀行貸し出しの増加ペースを適性範囲内にとどめるため」と説明した。国家統計局が同日午後発表した2008年1〜3月の経済指標では、消費者物価指数(CPI)が前年同期比8.0%上昇した。3月単月では前年同月比8.3%上昇となり、上昇幅は2月の8.7%をやや下回ったものの、高水準を維持した。

■香港政府、妊婦と幼児に刺し身控えるよう呼び掛け(香港紙「星島日報」4月17日付)
 香港食物安全センターは、妊婦と幼児は魚の刺し身をできるだけ控えるよう呼び掛けている。同センターは昨年4〜8月にツナの缶詰を含む280種類の魚介類のサンプル検査を行った。結果、277種類は金属などの含有量が基準値内だったが、3種類のキンメダイから基準値を超える水銀が検出され、ツナの缶詰などの含有量も比較的高かった。同センターでは、魚介類の水銀は人体で蓄積され、胎児の知能の発育に影響を及ぼす可能性があるため、妊婦は魚介類の刺し身は1週間に2〜10切れにとどめるよう勧めている。また、幼児にも与え過ぎないよう注意し、成人も1週間に20切れが適量と語っている。

■台風1号「ノグリー」が香港に接近、シグナル1発令中(香港各紙4月18日付)
 台風1号「ノグリー」の影響で、香港天文台は4月17日午後4時15分、台風シグナル1を発令した。18日午後9時45分の発表によると、午後10時には香港の西南の南寄り540キロメートルに接近。時速12キロメートルで西北寄りに北上しながら海南島方面へ向かうもよう。この台風の影響で、横瀾島では風速55キロの強い風が吹いており、天文台では波浪に注意を呼び掛けている。18日の天気は雨の予報。日中は風が強まり、警報を「3」に引き上げる可能性もあるという。

■FCバルセロナが香港にサッカースクール開講(香港各紙4月18日付)
 ブラジル代表のロナウジーニョらスター選手が所属するスペインのプロサッカーチーム「FCバルセロナ」が、香港のプロチームの「傑志」と提携しサッカースクール「FCBESCOLA HONG KONG」を開講する。FORTISがスポンサーとなり受講料は無料で、対象は6〜11歳の児童。バルセロナに赴きユース育成プログラムの研修を受けた傑志のコーチ陣が指導を行う。5月9日から始まる第1期の定員は150人で、トライアウトを4月27日〜5月4日に行う。申し込み用紙はウェブサイトwww.fcbescola.hkでダウンロードできるほか、FORTISのオフィス(香港干諾道中111号永安中心27楼)でも配布している。

最新中国株情報 WINTRADE