現地紙で読む最新情報  2009年1月15日速報

     



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO










■広東省の貿易、昨年12月は13.6%減(中国系香港紙「香港商報」1月14日付)
 中国税関広東省分署は1月13日、08年12月の貿易統計を発表した。広東省の12月の貿易総額は前年同月比13.6%減の520億2000万米ドル、うち輸出総額は同6.8%減の323億7000万米ドルだった。単月では11月に続くマイナス成長となった。昨年通年の輸出総額は前年比9.4%増の4041億米ドルで、省政府が目標としていた2けた成長を達成できなかった。通年の輸出伸び率は全国の17.2%に比べはるかに低かった。専門家は、輸出てこ入れ策は半年後に効果が表れるため、マイナス成長は5月まで続くとみている。

■広東省の定住人口、9500万人超える(中国系香港紙「香港商報」1月14日付)
 中国の広東省人口計生委員会は1月13日、2008年末までで広東省の定住人口は9500万人を超えたと発表した。同部門によれば、2008年に誕生した新生児は120万人を突破し、前年比9万人増となった。広東省の定住人口は2007年末の段階ですでに9449万人に達しており、登録人口は全国一となっていた。

■中国の12月輸出2.8%減、2カ月連続マイナスに(中国各紙1月14日付)
 中国税関総署が1月13日に発表した2008年12月の貿易統計によると、貿易総額は前年同月比11.1%減の1833億3000万米ドル、うち、輸出は同2.8%減の1111億6000万米ドル、輸入は同21.3%減の721億8000万米ドルだった。輸出の減少は2カ月連続で、減少率は11月より0.6ポイント拡大した。中国の経済成長の柱である輸出は08年11月、世界金融危機の影響を受けた外需減少によって7年5カ月ぶりにマイナス成長に転じ、12月には減速の傾向がより鮮明になった。輸入額の大幅な減少は製造業が原材料や部品の輸入を減らしたことが影響したとみられる。08年通年の輸出額は前年比17.2%増の1兆4285億5000万米ドル、輸入は同18.5%増の1兆1330億8000万米ドルで、伸び率は共に目標最低水準とされる20%を下回った。

■香港で公務員7700人を採用計画(香港各紙1月15日付)
 香港公務員事務局のデニス・ユー局長は1月14日、副学士の公務員登用について問われた立法会の答弁で、今年度および2009/10年度に7700人を公務員として新たに採用する計画を表明した。このうち4300人は副学士程度の学歴で応募可能という。また、世界的な金融危機下での失業対策として公共工事の着工を促し、公共住宅委員会でも09/10年度の支出を増額。約4000人のアルバイト作業員を含め、5万5000人以上の雇用機会をつくると述べている。

■アベック強盗、香港の公衆トイレで襲撃(香港紙「東方日報」1月14日付)
 1月13日、香港・新界地区の元朗にアベック強盗が現れ、現金や携帯電話などを奪う事件があった。ある男性が大樹下東路にある公衆トイレに入ったところ、突然見知らぬ男女に襲われて個室に押し込められ、旅行バッグの中に入っていた携帯電話5台とデッキ1台、現金8000ドルを奪われた。犯人は男が40歳くらい、女は30歳くらいだったという。警察ではアベックを装って男性の後をつけてチャンスをうかがっていたものとみている。付近を捜索したものの手がかりは見つからず、行方はつかめていない。

■12月の中国マネーサプライM2伸び加速(中国各紙1月14日付)
 中国人民銀行(中央銀行)が1月13日に発表した2008年12月末時点のマネーサプライM2は前年同期比17.82%増で、前年同期を1.08ポイント、11月末時点を3.02ポイント上回った。人民銀行は景気拡大のため、金融機関による中小企業や農村部への新規融資の増加を図っており、09年のマネーサプライM2伸び率の目標を17%前後としている。また、08年12月末の中国の外貨準備高は前年同期比27.34%増の1兆9500億米ドルだった。08年通年の増加幅は4178億米ドルで、07年の4619億米ドルを下回った。