現地紙で読む最新情報  2009年2月9日速報

     



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO










■金融危機で香港富豪の資産も激減(香港各紙2月6日付)
 2月5日に米経済誌『フォーブス』が発表した香港の長者番付上位40人の総資産の合計は、金融危機の影響で前年の1万3900億香港ドル(1香港ドル=13円)から08年は54%減少し6400億香港ドルとなった。また、前年は40人全員が10億米ドル以上の資産を有したが、08年はわずか19人だった。ランキングの上位は前年と変わらず、1位は総資産1263億香港ドル(前年比49%減)の長江実業の李嘉誠・会長、2位は同842億香港ドル(同55%減)のサンフンカイ・プロパティーズの郭一家、3位は同702億香港ドル(同61%減)のヘンダーソン・ランド・デベロップメントの李兆基・会長だった。87歳という最年長でランク入りしたマカオのカジノ王、信徳集団のスタンレー・ホー会長は同78億香港ドル(同89%減)で5位から19位に転落した。

■広州、香港との金融協力で8項目提案(香港各紙2月6日付)
 広東省の黄竜雲常務副省長は2月5日、香港メディア幹部による訪問団と会見し、先に国家発展改革委員会が発表した「珠江デルタ地区改革発展計画要綱」や香港と広東省の協力強化について語った。同席した広州市の爻毅敏・常務副市長は同市の香港との金融協力について8項目の措置を提案。金融商品の相互乗り入れ、決済業務の協力強化、香港の金融機関による広州拠点の設置支援、広州企業の香港上場推進などが挙げられた。中国本土住民に香港株投資を認める「香港株直通車」を広州市に限定してスタートすることもささやかれている。

■香港行政長官、日本と韓国を訪問へ(香港各紙2月5日付)
 香港トップである曽蔭権(ドナルド・ツァン)行政長官が2月16〜19日に日本、同19〜20日に韓国を公式訪問する。東京では、日本財界人との午さん会、「日本香港観光交流年」開幕式、香港政府観光局(HKTB)のコンベンション開拓部門の事務所開設に臨席を予定している。韓国でも財界人との午さん会を予定。行政長官弁公室の陳徳霖(ノーマン・チャン)主任が随行し、今回の訪日、訪韓は、世界的な金融危機について各地の財界人との意見を交わし、香港の最新情報を伝えることを目的としている。

■中国証券管理当局が「信用取引業務2社に認可」の報道否定(中国紙「信息時報」2月5日付)
 中国証券監督管理委員会(証監会)はこのほど、海外メディアが伝えた「中国の証券会社2社が株式信用取引のテスト業務開始で認可を受けた」との報道内容を否定した。証監会は2008年10月、低迷する株式市場のてこ入れ策として、これまで認めていなかった信用取引業務を一部の証券会社に試験的に認めるとの方針を発表した。ただ、準備作業に時間がかかっている模様で、具体的な業務開始の時期も示されていないため、投資家の間ではその時期に注目が高まっている。報道では認可を受けた証券会社として中信証券と海通証券の名前が挙がったが、2社ともにこれを否定。ただ、08年11月までに証券会社11社がネットワークテストを終えたとの情報もあり、準備が進んでいることは確かなようだ。

■農村部の自動車普及策、3月にも詳細発表か(中国紙「広州日報」2月5日付)
 中国政府が今年1月に決定した国内自動車産業振興策の細則が3月にも発表されるとの見方が出ている。政府は特に農村部での自動車販売拡大を図る「汽車下郷」政策によって、8人乗り以下の小型ワゴン車の需要を増やしたい考えで、購入に関する補助の内容に注目が集まっている。政府は1月、成長が鈍化する自動車産業へのてこ入れ策として、3月から12月までの期間に50億元の補助金予算を組み、農村部で三輪自動車などの買い替え需要を刺激する方針を決定。排気量1300cc以下の小型ワゴン車を購入する場合に補助金を支給すると表明したが、具体額はまだ公表されていない。専門家の間ではこの補助金の額について、購入価格の1割または3000元(1元=13円)程度になるとの見方がある。ただ、現在、農村部で使用されている農業用三輪自動車の価格が5000元から1万元程度なのに対し、購入支援の対象となる小型ワゴン車は2万〜3万元と高価な上、荷物を積める量が少ないため、効果には疑問の声も上がっている。

■香港で飲酒運転への罰則強化、酒気帯び測定実施(2月9日の香港TV「無線電視」ニュース)
 飲酒運転への罰則を強化した香港の新条例が2月9日より発効し、香港警察は同日未明から一般道での酒気帯び測定を行っている。2階建てバスの運転手も一時停車して測定を受ける様子を報じた。現場を視察した運輸及房屋局の鄭汝樺(エバ・チェン)局長は、測定は約3分で済み、公衆の安全を守るためと、ドライバーに協力を呼び掛けている。