現地紙で読む最新情報  2009年5月21日速報

     



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO










■香港当局、北米と日本からの旅客の健康状態に注意喚起(5月20日の香港電台《RTHK》ニュース)
 香港衛生署は5月21日午前9時から新型インフルエンザ(A型H1N1)感染者と密接に接触した人の健康観察の方法を変更する。流行地からの渡航が多数あり、医薬品による予防と治療の効果が確認できたためだ。キャンプ施設での7日間隔離は行わず、指定施設で医療スタッフがタミフルを処方し、X線検査のできる指定診療所で毎日検査を受けることとなる。また、5月20日、スイスで開かれた世界保健機関(WHO)年次総会から戻った周一嶽(ヨーク・チョウ)食物及衛生局長が香港国際空港で会見し、「市街地でのまん延により、北米と日本から来る旅客機の乗客の健康状態には特に注意を払う」との方針を語った。5月19日夜9時ごろの大阪からの到着便で、発熱していた5人の旅客がプリンセス・マーガレット病院へ搬送され、ウイルス検査を受けた。この5人は同20日正午過ぎ、いずれも「陰性」と判明している。このほか、駐大阪中国総領事館では現地の中国人留学生に向け、緊急の用件がない限りは帰国せず、インフルエンザの症状があれば通勤・通学しないよう呼び掛けているという。

■広東省高官、1万社の企業倒産を否定(中国系香港紙「香港商報」5月20日付)
 広東省投資促進局の宋暁軍局長は5月19日、金融危機によって省内で1万社以上の企業が倒産したとのうわさを否定した。これは四川省成都市で行われた外資系企業内販博覧会のプロモーションで明らかにしたもの。宋局長は、省内で昨年倒産した外資系企業は約2000社で、これは例年とほぼ同じと説明。さらに省内では年平均7000社余りの企業が新たに設立されていることをつけ加えた。宋局長は東莞市で6月に開催される初の広東省外資系企業内販博覧会をアピールした。

■広東省、輸出向け靴産業に回復の兆し(中国系香港紙「大公報」5月20日付)
 金融危機が発生して以来、減少を続けていた広東省の靴輸出に回復の兆しが見え始めている。広州税関によれば、今年2月に靴を輸出した企業はわずか1572社にまで落ち込み、2007年以来最低となった。だが、3月は1898社、4月は1922社とわずかながら増加に転じている。業界団体関係者は「最近、広東各地で倒産する靴工場は明らかに減少した。最も苦しい時期は過ぎた」と語り、今生き残っている企業は実力のある企業であり、欧米市場の在庫調整も終わりつつあることから、下半期の輸出は好転するとの見方を示した。

■香港金融業代表団が広州・仏山を視察訪問(香港各紙5月21日付)
 香港財経事務及庫務局の陳家強局長率いる香港金融業代表団が5月19〜20日、広州市と仏山市を訪問した。代表団は銀行、証券業界、監督管理機関などの関係者60人余りからなる。広州では広東省の林木声・副省長らに会見し、先に締結された香港と中国本土の「より緊密な経済・貿易関係に向けた協定(CEPA)」第6補充協議の金融面について協議した。広東省銀行監督管理局の関係者は、香港の銀行のサブブランチ設置規制緩和について珠江デルタ9市を先行試験エリアとし、10月1日の実施時までに細則を発表することを明らかにした。仏山では「仏山・香港金融協力フォーラム」が開催された。

■香港で販売の食品中のアルミニウム過多、睾丸病変や発育不全も(香港各紙5月21日付)
 香港食物安全センターは5月20日、食品のアルミニウム含有量に関する研究結果を報告した。256品目を検査したところ、蒸しパン、ケーキ、マフィン、パンケーキ、ワッフル、ココナツタルト、おつまみ用のクラゲは含有量が多めだった。ふくらし粉として使われる添加剤が理由。国連食糧農業機関(FAO)/世界保健機関(WHO)合同食品添加物専門家会議(JECFA)の安全基準からみて、すぐ健康被害を起こすレベルではないが、常食には気をつけた方がよいという。同センター顧問の何玉賢・医師は、海外の動物実験ではアルミニウムの摂取過多によって睾丸の病変や早産、発育不全などの異常が見られ、アルミニウムを含む添加剤の使用を減らすよう提言している。

■香港で「ターミネーター4」のフィギュア展開催(香港各紙5月20日付)
 5月28日から香港で公開されるハリウッド映画『ターミネーター4』をテーマにしたフィギュア展「Terminator Salvation X Hot Toys Collectible Figures Exhibition @ apm」が5月22日から開催される。同映画シリーズの登場人物のフィギュアを展示するこのイベントは、香港に本社を置く玩具メーカーのホットトイズと映画会社ソニー・ピクチャーズによるコラボレーション。劇中アーノルド・シュワルツェネッガーが演じた体長1.8メートルのターミネーター「T800」をはじめ、「人類の救世主」ジョン・コナーの6分1サイズ、シリーズ4でお目見えとなる最新型ターミネーター「T600」の2.2メートルの等身大フィギュアも展示される。会期は5月22〜28日、会場は観塘のショッピングモール「apm」。5月22日13時30分からの開幕式典にはDJの泰山、タレントの周柏豪が出席する予定。