現地紙で読む最新情報  2009年6月1日速報

     



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO










■深センで初の新型インフル感染者発生(5月29日の香港電台《RTHK》ニュース)
 
広東省深セン(土ヘンに川)市で5月29日、初めて新型インフルエンザ(A型H1N1)の感染者が確認された。患者は中国系米国人の兄妹で香港にも滞在していた記録があるという。広東省での二次感染も報告された。広州市にある婚礼写真館でメーキャップ係として勤務する24歳女性。すでに感染が確認された中国系米国人が5月25、26日の両日、交際相手の女性とこの写真館を訪れて撮影を行っていた。

■香港で新型インフル16〜23人目、すべて米国からの感染(香港各紙6月1日付)

 香港衛生署が5月31日までに発表した香港の新型インフルエンザ(A型H1N1)感染確認例は23人に上った。16人目はロサンゼルスからCX881便で5月28日に香港新界地区・青衣の自宅へ戻った21歳の女子留学生で帰宅後に発症。17人目はサンフランシスコで働いた後、5月29日にSQ1便(AI8001便、US5402便とのコードシェア便)で戻った21歳女性。機内で症状が確認され、救急車で運ばれた。18人目はマサチューセッツに留学する21歳香港人男性でソウルを経由して5月26日にKE607便で戻った。19、20人目はCO099便でニューヨークから5月27日に香港島・柴湾の自宅へ戻った24歳男性と19歳女性。21人目はCO099便でニューヨークから5月28日に青衣へ戻った21歳男性、22人目は米国在住の8歳男児で、SQ1便で5月30日に香港へ到着。23人目は28日にニューヨークから帰国した19歳の女子留学生で5月29日にショウケイ湾の中国旅行社、湾仔の入境事務処へ出向き、ビザの申請を行っていた。5月31日までに新型インフルエンザのウイルス検査を受けた人は849人、この検査では25人に陽性反応が出ている。

■広東省トップの汪洋党委書記、産業シフト推進の方針を確認(香港各紙5月28日付)
 5月26〜27日、広東省梅州市で中国共産党広東省委員会と広東省政府による産業・労働力シフト工作会議が行われた。同省トップの汪洋党委書記は、珠江デルタの労働集約型産業は金融危機の圧力から転身・高度化・移転以外に道はないと断言し、産業シフト推進の方針は揺るがないことを示した。産業・労働力シフトは実施から1年が過ぎ、成果が表れ始めたという。省政府が認定した32カ所の産業シフト工業団地には昨年までに973社が入居、工業生産高は前年の約5倍の303億元(1元=13円)に上った。

■広東省中山市が香港と漢方薬産業で協力強化(香港紙「香港経済日報」5月28日付)
 広東省中山市政府は「珠江デルタ地区改革発展計画要綱」の実施を機に香港との協力を推進し、中でも漢方薬製造業の振興に力を入れる意向だ。これは中山市の唐頴副市長が香港メディア記者団の取材で明らかにしたもの。中山には国家級健康産業基地があり、支援策を設けて香港の医薬品企業の投資を誘致するという。中山市はかねて香港の曽蔭権(ドナルド・ツァン)行政長官に対し、漢方薬の研究・産業化の分野で協力を強化して香港の「中薬港」プロジェクトを実現することを提案していた。

■香港市民の約40%、「金融危機の影響なし」と回答(中国系香港紙「文匯報」5月28日付)
 5月20〜22日に香港中文大学香港アジア太平洋研究所が18歳以上の香港市民920人を対象に行った金融危機に関する世論調査で、金融危機による生活へのマイナス影響が「ない」と答えた人は37.4%と4月の調査時よりも7.3ポイント上昇した。金融危機に「積極的に対抗する」と回答した人も35.9%で同1.2ポイント上昇しており、ともに昨年11月以来の高い数字となった。また、「個人投資にマイナス影響を受けていない」との回答も同2.5ポイント上昇の26.3%で、影響が「少しある」は同1.5ポイント下降の48.9%、「非常にある」は同2ポイント下降の16.7%だった。

■マカオでインド映画祭開催(香港各紙5月29日付)
 インターナショナル・インディアン・フィルム・アカデミー(IIFA)が主催する映画祭「IIFAウイークエンド」が6月11〜13日にマカオのコタイ・アリーナで開催される。期間中は映画のプレミア上映やファッションショーなどさまざまなイベントが予定されており、6月13日19時からは「IIFAアワード」の受賞式が行われる。最優秀作品賞ノミネート作品はコメディー『Dostana』やアクション映画『Ghajni』、インドの歴史を描いた『Jodhaa Akbar』など計6本。授賞式のチケットは2399、1399、799、399パタカ(1パタカ=13円)。詳細はウェブサイトで閲覧できる。