現地紙で読む最新情報  2009年6月4日速報

     



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO










■香港で天安門事件追悼キャンドル集会20周年(香港各紙6月4日付)
 1989年6月4日の天安門事件から20周年を迎える6月4日、香港市民支援愛国民主運動連合会(支連会=司徒華主席)が主催する恒例の追悼キャンドル集会が午後8時からビクトリア公園で行われる。香港警察は午後6時から24時までビクトリア公園周辺の道路に交通規制を敷く。車両通行止め、駐車場の利用停止、バスの路線変更などのほか、パターソンストリートのタクシー乗り場も一時利用できなくなる。今年20周年の節目にあり、香港専上学生連会では「反平八九民運(1989年の民主化運動の再評価)」を求め、メンバーの大学生11人がコーズウェイベイの時代広場(タイムズスクエア)前で6月2日から6月4日午前8時45分まで64時間のハンガーストライキを行った。

■香港の不動産取引登録件数、5月は約30%増(香港紙「信報」6月3日付)
 香港土地註冊処が6月2日に発表した最新統計によると、2009年5月の不動産取引の登録件数は計1万3067件で前月比17.2%増、前年同月比28.9%増だった。取引高の合計は前月比9.1%増、前年同月比29.5%増の440億香港ドル(1香港ドル=13円)だった。登録の内訳は住宅向け不動産が1万1788件で前月比19.6%増、前年同月比42.3%増、取引高は計394億香港ドルで前月比24.8%増、前年同月比49.9%増と08年2月以降で最高を記録した。低金利が不動産市場を好況に導いた形になったが、専門家からは市場の急速な伸びには基本要素が欠けており、好況がいつまで続くかを疑問視する声も出ている。不動産取引は契約から30日以内に土地註冊処への登録が義務づけられていることから、この数字は4月の実際の市況を表している。

■香港で新型インフル感染27人目、米国からの帰国者(香港各紙6月4日付)
 香港衛生署は6月3日、新たな新型インフルエンザ(A型H1N1)感染確認を発表した。香港での感染者はこれで27人となった。患者は、ニューヨークからCX831便(AA6091便とのコードシェア便)で2日夜に帰国した34歳男性。翌朝、症状が出て、運転手付き自家用車で養和医院(サナトリウム・アンド・ホスピタル)へ行った。衛生署は、同便31〜37列の乗客、担当の客室乗務員、エアポートエクスプレス香港駅から男性が住む湾仔ェエ瑰新村(モンテ・ローザ)まで乗せたタクシー運転手に連絡を求めている。

■新型インフル拡大のあおり、米国は香港国際観光展に出展せず(香港紙「明報」6月3日付)
 香港の観光関連の大型国際展示会「香港国際旅遊展(ITE)」が6月11〜14日、香港島・湾仔(ワンチャイ)の香港コンベンション・アンド・エキシビション・センター(HKCEC)で開催を予定している。第23回を迎える同展示会は今年、新型インフルエンザ(A型H1N1)の影響を受け、発生地となったメキシコ、米国のほか、英国、ドイツ、フィンランドなどが正式に出展とりやめを決めた。一方、アゼルバイジャン、フィジー、ギリシャ、ブータン、シリアなどが初参加し、海外からの出展は約50カ国・地域、約600団体に上る。日本からは、日本政府観光局の「ビジット・ジャパン・キャンペーン」をはじめ、地方自治体やテーマパーク、百貨店協会、鉄道など23団体が出展、ステージでのパフォーマンスなどを予定している。

■香港政務長官の深セン訪問、4分野の協力で合意(香港各紙6月3日付)
 香港特別行政区政府のナンバー2である唐英年(ヘンリー・タン)政務長官は6月2日、香港財界代表100人余りを率いて広東省深セン(土ヘンに川)市を訪問した。唐長官の記者会見によると、深セン市トップである劉玉浦深セン市党委書記らとの会談でインフラ、イノベーション科学技術、金融、深セン市南山区の前海エリア開発の4分野の協力強化で合意に達した。金融分野では両地の協力は中央政府の支持を得ており、金融開放の先行実施の可能性を探るという。前海エリアについては両地の協力で現代サービス業のモデル地区として開発する。両地の空港を結ぶ連絡鉄道に前海駅を設置し、新たな税関・出入境管理所を設ける計画だ。

■広東省の外資導入額、4月は7.2%増(香港各紙6月2日付)
 広東省統計局が6月1日に発表した統計によると、4月の外資導入額(実行ベース)は前年同月比7.2%増の16億4400万米ドルに達した。2月にマイナス成長を脱却して3カ月連続で伸びを見せ、導入額は今年に入って最高となった。ただし新たに契約された外資導入プロジェクトは同59.7%減、契約ベースでの外資導入額は同49.2%減の12億9800万米ドルだった。業界別に見ると、第2次産業の外資導入額は実行ベースで同12.6%増、契約ベースで同56.5%減、第3次産業は実行ベースで同0.1%増、契約ベースで同38.3%減だった。

■ボタンの中にヘロイン隠して香港に密輸(香港紙「東方日報」6月3日付)
 香港税関は6月1日、香港国際空港でヘロインを密輸しようとしたフィリピン籍の女性を摘発した。女性は手荷物の中にロングスカート8枚を入れていたが、その1枚1枚に大量のボタンが付いており、不審に思った税関職員がボタンを切り開いてみたところ、中からヘロインが見つかった。押収されたヘロインは計409粒、重さ1.2キロで、市価73万香港ドル(1香港ドル=13円)に相当するという。