現地紙で読む最新情報  2009年7月28速報

     



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO










■新型インフル、香港でフィリピン人女性が死亡(7月28日の香港地上波TV・無線電視《TVB》ニュース)
 香港衛生防護センター(CHP)は7月27日、同11日に新型インフルエンザ(A型H1N1)の感染が分かった37歳のフィリピン人女性が死亡したと発表した。患者は6月28日にアマ(家政婦)として働く許可を得てフィリピンから来港し、その翌日に発熱、7月7日に医師の診察を受けて重い肺炎にかかっていることが分かった。1人目の死者は6月末に来港したフィリピン人船員で、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を併発していた。CHPでは、ウイルスが肺に入った場合に重篤化するケースが起きやすいとみて調査している。このほか、英国では抗ウイルス剤のタミフルなどに副作用を起こすケースがあり、一部の患者には服用を見合わせているという。7月27日午後2時30分までに、香港での感染者数(累計)は2855人。現在、41人が入院中で、このうち37人は容体が安定しているが、1人が重症、3人が危篤となっている。

■広州―深セン高速鉄道、レール敷設を開始(中国系香港紙「大公報」7月27日付)
 広州市から香港までを結ぶ高速鉄道の広州―深セン間のレール敷設工事が8月から始まり、2010年半ばにも開通にこぎ着けるもようだ。同区間の第1期工事にはすでに110億元余り(1元=13円)が投じられ、広東省部分の建設総額の約7割が投下された。8月には試験区間のレール敷設が始まり、12月には全線がレール敷設の段階に入る。早ければ来年7月に開通する見通しだ。深セン―香港間は今年末に着工、2014年の開通を目指している。広州を中心に珠江デルタ9市を結ぶ鉄道網は2015年の完成を目指していたが、6月に発表された「珠江デルタ地域経済一体化の推進加速についての指導意見」によって完成予定が12年に繰り上げられた。

■深セン、香港市民による消費が回復(中国系香港紙「香港商報」7月27日付)
 香港では小売総額が4カ月連続で下落しているものの、香港市民による広東省深セン(土ヘンに川)市での消費はすでに回復に向かっているようだ。羅湖商業城では昨年下半期、過去にないほどのテナント撤退の波が押し寄せたが、過去2〜3カ月は買い物客の増加により再び入居するテナントが増えた。特に夏休みシーズンになってからは館内のレストランで香港からの学生客が増えたという。東門の太陽百貨でも最近、香港からの買い物客が増え、買い物客全体の3割を占めている。6月の売上高は前年同月比約10%増と顕著に伸びている。このほか市内の旅行代理店や不動産代理店でも最近、香港市民の利用が増えているという。

■香港の会計士、景気の先行きを楽観(香港各紙7月24日付)
 香港の会計士業界では金融危機の影響による無給休暇や減給などの措置が続いているところも多いが、7月23日に香港会計士協会が公表した最新調査では、会計士が先行きを楽観していることが分かった。24日付香港各紙によれば、調査は4月に2606人の会計士を対象に行われた。平均勤務年数16年、平均月収は5万5000香港ドル(1香港ドル=13円)。結果、33%は「09年度の昇給はある」と回答し、「据え置き」は54%、「減給」はわずか11%だった。同協会によれば、金融危機によって人材の流動が緩慢になり、86%は職を維持するため現職に留まり、半数は転職計画を先送りしていた。また、香港のスペシャリストの需要が高い中国本土への転職を考える動きが加速しており、23%は5年以内に香港を離れ、主に本土で就職することを希望しているという。

■ネットで援助交際、香港人少女を殺害した男に終身刑(7月27日の香港地上波TV・亜洲電視《ATV》ニュース)
 ネットで知り合った16歳の香港人少女を殺害し、死体をバラバラにした24歳の香港人の男に終身刑が言い渡された。7人の陪審員が有罪で一致。殺人罪での終身刑に加え、死体遺棄罪で4年の刑期が追加された。事件は昨年4月に石●(石へんに夾)尾で起きた。少女はネットで交際を呼び掛け、男性と性行為に及んだ際にドラッグを使用して死亡。この事件については、若者たちの間でネットで安易に援助交際の相手を探す風潮があり、見知らぬ相手と行為に及ぶことへのリスク認識の欠如が問題視されている。

■「プリンセス・テンコー」が初のマカオ公演(マカオ紙「マカオ日報」7月27日付)
 「プリンセス・テンコー」のステージネームで世界的にも知られるイリュージョニストの2代目引田天功が、来る9月17〜20日にマカオで初公演を行う。今回のパフォーマンスは「澳門伝説(マカオ・レジェンド)」と題し、上海雑技団と共演する。会場はコタイ・アリーナ。入場券は280パタカ、480パタカで、7月28日10時から発売する。予約電話は6333―6660(香港)、853―2882―8818(マカオ)。ウェブサイト「コタイチケッテッィング」でも購入できる。