現地紙で読む最新情報  2009年8月19日速報

     



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO










■武漢で新たな美容整形ブーム、女優顔に人気沸騰(香港紙「りんご日報」8月18日付)
 湖北省武漢市では美容整形を受ける女性が年間延べ10万人に達し、毎年20%の割合で急増している。主には18〜45歳の大学生やホワイトカラーで、特に女優の范冰冰(ファン・ビンビン)のような容姿を希望する女性は毎年500人に上る。だが専門家は、「ほとんどの患者は整形の必要がなく、うち2〜3%は整形癖や美に対して強迫観念にとらわれるなど、精神的な問題を抱えている」と語る。サービス業に従事する24歳の女性は顔が大きいことを気にし、ファン・ビンビンと同じシャープな小顔美人になりたいと数多くの美容整形外科を回ったが、いずれの所でも「まったく同じ顔にするのは無理」と断られたという。

■香港の失業率5.4%で横ばい、若者の就職は難しく(8月19日のRTHK《香港電台》ニュース)
 香港政府統計処は8月19日、2009年5―7月の失業率を5.4%(速報値)と発表した。前月発表(09年4―6月)と横ばい。不完全就業率は前月から0.1%上昇して2.4%(速報値)となった。就業者数は900人減って350万5300人、失業者数は1万800人増えて21万3800人。労働人口は9800人増えて、過去最高の371万9000人となっている。業種別に見ると、補修作業員の失業率は2.4%改善して14.2%、建設業では0.7%改善の11.1%、金融業では0.7%改善の2.4%、芸術・娯楽・レジャー業では0.6%改善の3.7%となった半面、教育、保険、クリーニング、家事サービス業で失業率が悪化た。労工及福利局の張建宗・局長は、経済復興の兆しが見えてきたが、経営者はまだ慎重で雇用に保守的である上、8月から新卒者が労働市場に投入され、1、2カ月は失業率に上昇圧力がかかるとみている。特に15〜19歳では24.3%、20〜24歳では10.6%と、若者の就職は依然として厳しい状況だ。

■広東省、7月の工業生産は8.2%増(中国系香港紙「文匯報」8月19日付)
 広東省統計局は8月18日、1〜7月の経済統計を発表した。内需に支えられて固定資産投資や小売総額は月を追って伸びており、景気回復傾向を維持している。同期の工業生産(付加価値ベース)は前年同期比5.2%増の8350億2800万元(1元=13円)、7月単月では前年同月比8.2%増の1342億1800元だった。1〜7月の工業用電力使用量は前年同期比6.4%減で、減少幅は上半期より1.9ポイント縮小した。7月の固定資産投資は前年同月比19.1%増の909億3700万元、1〜7月では前年同期比16%増の6161億5600万元だった。7月の小売総額は前年同月比17.8%増の1231億5400万元、1〜7月では前年同期比15.4%増の8288億7600万元だった。

■香港の親中派政党・民建連、広東省13市の視察を終了(中国系香港紙「香港商報」8月18日付)
 香港の民主建港協進連盟(民建連)は8月17日、5日間にわたる広東省視察を終えた。同党代表団は10日に広東省政府を訪問し、その後、2グループに分かれて珠江デルタ9市と広東省東部4市を訪問した。広東省深セン(土ヘンに川)市の卓欽鋭副市長と会談した同党の陳鑑林立法会議員は、8月19日に行われる粤港合作連席会議で深セン前海エリアに関する共同開発の協定が交わされることを明らかにした。前海は香港のノウハウと管理方式を導入して開発する意向だ。

■コンビニ開店に苦情、香港の公共住宅商店がスト(8月17日のRTHK《香港電台》ニュース)
 香港・新界地区にある深水●(土へんに歩)の公共住宅にある商店が8月17日、チェーンのコンビニエンスストアが付近に開店したことを不満としてストライキを行った。香港電台(RTHK)ニュースによると、ストを行ったのは白田邨にある15軒。ストを支持する区議会議員は「白田邨は住民の高齢化が進み、折からの経済不況で商店の経営が難しくなる中、房屋署(住宅署)がコンビニの営業を許可したのは悪性競争を招く」と指摘。房屋署では、この場所が2008年1月末から空き店舗になったままで、メガネ販売業者の出店を公募したが反応はなかったこと、コンビニが出店すれば住民の生活が便利になる上、人の流れができて商店街が活性化すると説明している。

■香港で10月にシルクロードアートフェスティバル開催へ(香港各紙8月18日付)
 10月9日〜11月8日に香港で「シルクロードアートフェスティバル」が開催される。この一環として10月10〜25日にシルクロードを題材とした映画の上映会「イメージ・オブ・ザ・シルクロード(絲路光影)」を行う。上映作品はいずれも中国やアジア、西洋各地の特色が描かれた芸術的な作品ばかりで、日中合作の『敦煌』、フランスのM・オセロ監督のアニメ『Azur et Asmar』、金庸・原作の砂漠ロマンを馬鞍華(アン・ホイ)監督が映画化した『香香公主』など。詳細はチケットは45香港ドル(1香港ドル=13円)、URBTIXで販売中。会場や上映時間は作品によって異なり、香港電影資料館と香港スペースミュージアム。