【陳水扁総統就任後の動き】

 2000年 5月 陳総統、就任演説で「独立の是非を問う住民投票をしない」と発言

   01年 1月 金門、馬祖両島と中国福建省の直接往来を限定的に認めた「小三通」解禁

   02年 1月 世界貿易機関(WTO)に加盟

       7月 陳総統が「中国が台湾の善意に反応しないなら台湾は自分の道をいく」と表明

       8月 陳総統、中台関係を「一辺一国」と発言

   03年 1月 中台間のチャーター運航で台湾旅客機が初めて中国に乗り入れ

       6月 陳総統、総統選と同時期の住民投票実施を表明

       9月 台湾の名称で国連加盟を求める15万人の「正名運動」デモ

      11月 立法院(国会)で住民投票法案可決、中国反発

   04年 1月 陳総統、「ミサイル防衛能力強化に賛成か」など住民投票の設問を発表