中国関連記事 特選

2008年7月31日記 最新中国株情報 WINTRADE


  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









テロに脆弱な地方都市−北京五輪直前の中国

 八月八日の北京五輪開幕まで十日を切った。二十一日に雲南省の省都・昆明で起きた連続バス爆破事件は五輪の治安対策強化を本格化させていた矢先の出来事。胡錦濤政権に大きな衝撃が走った。中国各地では六月末から地方農民や民衆が腐敗・汚職が蔓延して横暴な対応を取る公安(警察)当局と衝突する暴動が頻発。地方の不満や不信感は臨界点に達している。(深川耕治=08年7月31日記)

防犯カメラなく人海戦術も限界

農地没収や宗教弾圧…尽きない紛争の火種

 八月八日開幕の北京五輪はメーン会場の北京以外にセーリング競技が青島、馬術競技が香港、サッカー競技予選は天津、瀋陽、上海、秦皇島(上海以外は六日開始)で行われる。

 中国当局は北京五輪の警備に約十一万人の治安要員を投入。欧米のテロ対策専門家の協力を得ながら核・生物化学兵器によるテロ対策にも専門部隊を結成して万全を期す構えだ。人民解放軍も四軍区三部隊を含む二十万人の兵力を動員し、主力戦闘機スホイ27を空中警戒任務に充て、五輪メーン会場の国家体育場(通称・鳥の巣)周辺には紅旗七防空ミサイル(地対空ミサイル)を配備。首都・北京では反政府勢力に絞ったテロ防止は空港、鉄道、バスなど公共交通機関でも厳しさを増している。

 五輪開催都市に比べ、昆明の連続バス爆破事件に見られるように、無差別テロに脆弱なのが地方都市だ。香港誌「開放」(七月号)によると、ビンラディン率いる国際テロ組織「アルガイダ」が狙いそうな中国内のテロターゲットとして陸橋、公共バス、スーパーマーケット、政府庁舎、鉄道駅(広州駅など)などを挙げている。

 五輪開催期間に地方都市で無差別テロが起これば、地方暴動とも連鎖し、共産党政権にとって治安能力を失墜する大きな痛手となりかねない。

 特に公共バスは乗下車を確認する監視カメラはあっても防犯目的の録画機能が設置されたものはほぼ皆無に等しい。昨年来、公共バスの爆破や放火事件は深刻化(表参照)。私服警官を各バスに常駐させるほどの人海戦術は不可能で地方都市をテロターゲットに絞り込まれた場合、根本的な解決策は見いだせないままだ。

 広州紙「南方都市報」(七月二十三日付)によると、昆明連続バス爆破事件の翌日である二十二日、広東省深センから同省東莞に行く長距離バスに十数人の強盗が乗客に成り済まして乗車し、十人以上の乗客の持ち物を強奪、抵抗した男性乗客を殴打した上、逃走した事件が発生している。香港に隣接する広東省でさえバスジャック強盗がまかり通っている。

 五輪馬術競技を行う香港に隣接する広東省深センでは鉄道駅や地下鉄の警備を探知犬を駆使しながら二十四時間体制で行い、同省広州では私服警官を増やして駅や地下鉄の治安強化を徹底し、テロ対策は日に日に厳戒度を増している。

 中国現代国際関係研究院戦略研究所の李偉所長は「(昆明連続バス爆破事件は)北京五輪と直接関連するものではなく、個人的な犯行の可能性が高い。事件は五輪のテロ対策が開催都市だけでなく地方都市の反テロ対策を強化する必要性を覚醒させる上で良いきっかけになった」と分析する。

 公安当局の内部発表では、今年六月に中国内で起きたデモや集会、暴動などは七千六百八十六件で五千人以上一万人規模は五十六件、一万人以上の規模は四件(遼寧省鞍山、山西省大同、江西省萍郷、貴州省甕安県)で北京五輪が迫った六月下旬に集中している(香港誌「動向」七月号)。いずれも地元民の小さな怒りが群衆を暴徒化させた。マグマのような地方の不満や怒りに火が付くと完全な抑え込みは不可能だ。

 北京市当局は地方から北京に来る陳情者を取り締まるため陳情場所を変え、不満のガス抜きを図るため、北京五輪メーン会場から十三−三十キロ圏内にある市内三カ所の公園(世界公園、紫竹院、日壇公園)を許可制の公認デモエリアに指定した。

 だが、中国内には東トルキスタン・イスラム運動(ETIM)などウイグル分離独立派、チベット独立派、気功集団「法輪功」など現政権に死にもの狂いで戦い抜く覚悟を持つグループだけでなく、社会保障に不満を持つ退役軍人、理不尽な農地没収で不満を抱く農民など民衆の暴動につながる火種は尽きない。

 中国政府と反政府組織の「超限戦」(軍事的手段だけでなくあらゆる非軍事的手段を連携させた戦争形態)の様相を呈する攻防戦は国際社会の厳しい視線を受けながら五輪開催期間中にピークを迎える。 【中国で発生した公共バスをめぐる放火や爆破事件】
(死傷者数は新華社報道など参考)
07年10月 2日 重慶で香港系企業を解雇された元職員がバスを放火。27人死亡、11人負傷。
08年 2月23日 湖南省瀏陽市で危険物を所持した人物が乗車し、バスが爆発。2人死亡、11人負傷。
08年 5月 5日 上海でバスが炎上、3人死亡、12人負傷
08年 5月17日 浙江省温州で賭け事の恨みを晴らすためにバスを爆破。17人死亡、28人負傷
08年 7月21日 雲南省昆明で連続バス爆破。2人死亡、14人負傷


 




最新中国株情報 WINTRADE

日本に居ながら、中国IPOを100%ゲットする方法