中国関連記事 特選

2009年2月26日記 最新中国株情報 WINTRADE


  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO








車炎上、焼身自殺未遂はウイグル族濃厚 北京
割腹自殺に続く直訴抗議


 
北京市中心部の繁華街、王府井(ワンフーチン)に停車中の小型乗用車内で2月25日午後、男女3人が火をつけて焼身自殺を図った事件をめぐり、3人のうち少なくとも1人は新彊ウイグル自治区から来たウイグル族で車のナンバープレートも新彊ウイグルナンバーであることが複数のメディアの目撃者情報で明らかになった。北京市政府は外部からの直訴者によるとしているが、2月23日も北京市政府正門前で市郊外から直訴に来た農民が割腹自殺を図っており、直訴者の動きが社会不安を高めかねない。(深川耕治=09年2月26日記)


 
事件が発生した場所は、香港やマカオの全人代代表(国会議員に相当)が宿泊先として利用する高級ホテル・北京飯店の目と鼻の先。高級ブランドが並ぶ「東方新天地」前付近だ。

 北京市政府の公式発表では、2月25日午後2時50分(日本時間同3時50分)ごろ、外地ナンバーの小型車が王府井南口を移動中、異常に気づいた警官が停車するよう指示して尋問しようとした際に車内が突然炎上(右下・イメージ図)。警官らはフロントガラスを割って引きずり出したが、乗車していた三人のうち二人が負傷し、病院に搬送されて生命に危険はないとしている。焼身自殺の動機については「3人は個人的な直訴のために北京に来た」とだけ説明している。

 中国国営新華社通信によると、負傷した男女は夫婦で男性(59)は口元や頭部に火傷を負って重傷、女性(58)は指先周辺に火傷を負う軽傷。もう1人の男性については状況を報じていないが警官に拘束されて取り調べを受けている。香港のテレビ報道が伝える目撃者情報では黄色地に赤文字の旗を掲げて抗議していたという。

 香港紙「星島日報」(2月26日付)によると、新彊ウイグル自治区から来た3人は新彊ウイグルナンバーのシルバーの車で天安門広場付近を走行。車上には2本の五星紅旗(中国国旗)と一本の中国共産党旗を掲げ、風変わりな車体が目立っていたという。

 また、ロイター通信の目撃者情報によると、車上に中国国旗を立てたグレーの自家用車が交差点で警官から呼び止められて停車した際、乗客の1人が自分の体にスプレー状の液体をかけて引火させて自殺を図ったとしている。3人のうち少なくとも1人は新彊ウイグル自治区から来たウイグル族と見られ、後部座席からフェルトや瓶缶類が置かれていた。香港ケーブルテレビの現場目撃者情報では、炎上した車は新彊ウイグルナンバーで車内にいた一人はウイグル族、もう一人はチベット自治区から来たとしているが、市当局は現段階でも漢族か少数民族かすら明示しておらず、情報は錯綜(さくそう)している。

 2月25日はチベット暦の正月で各地のチベット族は祝賀行事の参加をやめて「無言の抗議」を展開。3月10日にはダライ・ラマ14世のインド亡命50周年を迎える。新彊ウイグル自治区カシュガル市では昨年8月4日、爆発物を載せた自動車2台が突入し、同市公安辺境防衛部隊警官16人が死亡する事件が発生。全国人民代表大会(全人代=国会)開幕期間の1997年3月7日には北京市西単でバス爆破事件が発生し、当局は新彊ウイグル独立勢力によるテロ行為と断じている。来月5日開幕の全人代開幕を控え、農民工(出稼ぎ農民)の直訴者が急増する時期だけにウイグル、チベットの少数民族問題が暴動の形で噴出しないか緊迫が高まっている。

 




最新中国株情報 WINTRADE

日本に居ながら、中国IPOを100%ゲットする方法