中国関連記事 特選

2009年7月7日記 最新中国株情報 WINTRADE


  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO








ウルムチで夜間外出禁止令 中国
再暴動で漢族がウイグル族に逆襲

 7月7日午前、中国新疆ウイグル自治区の区都ウルムチ市内の人民広場付近でウイグル族の婦人ら数百人が、7月5日の大規模暴動で地元警察当局がウイグル族の家族らを自宅から拘束するなど行き過ぎた取り締まりを行ったことに抗議するデモを展開し、警官隊と衝突した。同日、同自治区政府は7月7日午後9時(日本時間同10時)から7月8日午前8時(日本時間同9時)まで夜間外出禁止令を発令し、王楽泉新彊ウイグル自治区党委書記はテレビ講話で民族間の衝突回避を呼びかけた。
(深川耕治=09年7月7日記)

7月7日夕、ウルムチ市内でウイグル族の暴動に抗議して鉄パイプなどの武器を持ち歩きながらウイグル族に反撃しようと動き回る漢族男性たち

 
国営新華社通信によると、同日午後もウルムチ市内で再び暴動が発生し、ウルムチ南駅、長江路、揚子江路などの商店街は店を閉め、一部の漢族は鉄製や木製の棍棒を持って自衛するなど地元警察当局の治安力が不足しているとして地元政府に不満を抱く事態に発展している。

 香港のテレビ報道などによると、7月7日午前11時(日本時間同日正午)ごろ、ウルムチ市内で500〜600人のウイグル族が地元警察の行き過ぎたウイグル族取り締まりに抗議するデモ行進を行い、同午前11時20分ごろ、一部の激高したウイグル族の婦人らが警官隊と衝突し、一部の抗議者らは警察車輌のガラスを割るなどしたが警察当局は装甲車を増派して包囲し、約1時間半後に事態は終息したという。

 ウルムチの警察当局は7月5日午後の暴動で事件を画策した主導的な人物90人が拘束されないまま潜伏しているとして市内のウイグル族の住居地などを徹底捜査し、嫌疑のあるウイグル族を次々と拘束、
ウルムチ市内で暴動の対策に動員される武装警官ら
すでに1434人(男性1379人,女性55人)が逮捕されている。ウイグル族の市民らは警察当局の捜査方法が行き過ぎであるとして猛反発しており、ロイター通信などによると、7日午前のデモ行進の参加者は大半がウイグル族の婦人で、警察当局から理由も告げられずに夫や息子を自宅から拘束したことに抗議し、早期釈放を求めているという。

 一方、暴動やデモの動きに身の危険を感じている漢族約1万人が7日、ウイグル族の営むウルムチ市内の商店を集団で破壊。鉄パイプやナイフを所持したヘルメット姿で中国国歌である「義勇軍行進曲」を歌いながらウイグル族のデモ抗議者と衝突、投石し合うなどしたところ、警官隊が催涙弾で駆逐して混乱が沈静化した。一部のウルムチ在住の漢族らは「ウイグル人を攻撃せよ」「攻撃されて負ける前にウイグル人を攻撃する」とかけ声をかけ、現場は混乱しているという。

 新華社通信によると、7月5日に発生したウルムチ暴動の死者は156人(男性129人、女性27人)、負傷者は1080人に上ったとしている。


 




最新中国株情報 WINTRADE

日本に居ながら、中国IPOを100%ゲットする方法