中国関連記事 特選

2009年7月6日記 最新中国株情報 WINTRADE


  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO








ウルムチで暴動、140人死亡 中国新彊ウイグル自治区
ウイグル族が警官と衝突 広東省の民工死亡事件で不満か

 
中国新疆ウイグル自治区の区都ウルムチ市で7月5日夜、ウイグル族の市民らが武装警官と衝突する暴動が発生し、新彊ウイグル自治区政府の発表によると、140人が死亡、828人が負傷した。騒乱は同日深夜に終息したが、7月6日午前も厳戒態勢が続き、緊張状態にある。(深川耕治=09年7月6日記)

7月5日夕、ウルムチ市内で警官から拘束されるウイグル族の男性=中国のウェブサイトより
 華僑向け通信社・中国新聞社によると、7月5日午後5時(日本時間同6時)ごろ、ウルムチ市内の人民広場に集まった市民200人が警官によって強制排除され、そのうち約70人が拘束されたことが発端で暴動へ発展。人民路など市内三カ所で不満を持つ市民らが道路を封鎖し、午後8時半ごろ、公共バスのガラスを割ったり、パトカーを放火するなどエスカレートした。

 人民広場には700〜800人の市民が集まって破壊行為を繰り返し、約200人のウイグル族青年らが同広場前の同自治区常務委員会付近で「民族差別、民族破壊、民族虐殺に反対」とシュプレヒコールを繰り返し、危機感を強めた当局は市内の重要拠点に総勢1万人の警官を動員して暴動の収拾に務め、同日午後10時には暴動自体は終息した。

 同自治区政府の発表によると、暴動で140人が死亡、828人が負傷したほか、公共バス190輌、タ
7月6日夕、ウイグル市内で警官との衝突で倒れたままの中国人男性=中国のウェブサイトより
クシー10輌を含む車輌261輌が放火、破壊され、203カ所の商業施設や14の民間住宅が焼き討ちされた。新華社通信(英語版)は暴動を煽動した核心人物10人を含む数百人を逮捕し、地元公安当局は暴動を扇動した核心人物が他に90人いるとして市内を捜査中と報じた。

7月6日夕、暴動で燃え上がるウルムチ市内=中国内のウェブサイトより
 7月6日付の香港各紙は、広東省韶関市の玩具工場で6月25日、ウイグル自治区から出稼ぎ中のウイグル族労働者が漢族女性労働者を襲ったとの情報が広がり、翌26日、これに怒った漢族労働者たち100人が鉄パイプを持ってウイグル族労働者の宿舎を襲い、ウイグル族2人が死亡、漢族を含む118人が負傷する事件が発生したことが暴動の原因としている。

 地元当局は「国外勢力が漢族とウイグル族の衝突を画策して煽動し、国内組織が実行した計画的な暴力事件」と非難。新華社は「民族分裂勢力がインターネット上で暴動を扇動した」と伝え、在米ウイグル人の人権活動家であるラビア・カーディルさん率いる亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議」が暴動画策に関与していることを指弾している。

 なお、ウイグル市内周辺は同暴動発生以来、地元当局が情報漏洩を恐れ、翌6日もインターネットができない状態が続いている。



 




最新中国株情報 WINTRADE

日本に居ながら、中国IPOを100%ゲットする方法