話題の人登場 2011年2月18日記(深川耕治)  最新中国株情報 WINTRADE

   



  • 見出し一覧(戻る)
  • 香港情報
  • 台湾情報
  • マカオ情報
  • 中国指導者 WHO'S WHO









上場株が急騰して富豪になった中国人作家・余秋雨氏


 中国内だけでなく、1990年代以降、台湾、香港、マレーシアなど中華圏でも高い人気と評価を受け続ける書籍部門で国内印税トップだった歴史随筆家。国内各地の文化古跡を訪ね回り、「中国の司馬遼太郎」とも評される中国史を現代の観点から独自に捉え直して評する希有の随筆家が、更なる富豪になってしまった。

 2月15日、未公開の約518万株を所持していた上海の大規模商業施設「徐家匯商城」の株式公開が行われ、上海A株で一日に7000万株が発行されて株価が60倍以上に急騰。株で新たに億万長者になってしまい、注目を集めている。

 同株の株式公開で億万長者になったのは約40人で、その一人が本人。本人の投資顧問会社は241万元を投じて01年12月、1株二・九元で同社未公開株を82万5千株購入(同社全株式の一・五%)。これが株式公開と同時に約60倍に跳ね上がったのだから一夜にして大富豪になったようなものだ。中国メディアでは羨望も含め、「文化富豪」と表現。同株の公開に対して本人は「会社の健全な成長を願う」とコメントしている。

 中国浙江省慈渓市生まれ。1957年に上海へ移り、上海演劇学院演劇文学系卒業後、演劇に関する著作活動に専念。86年に上海演劇学院副院長に就任後、同院長、上海市創作学会会長を歴任。「文化苦旅」「山居筆記」「霜冷長河」など6つの随筆集が長年ベストセラーになり、中国作家協会魯迅文学賞や中国出版賞などを受賞。

 台湾やマレーシア、香港でも高く評価され、04年、中国十大芸術家に選出される。06年、印税が1400万元(1元=13円)を突破して中国の作家ではトップとなる。2010年にマカオ科技大学人文芸術区学院長に就任。妻は舞台芸術家の馬蘭(48)さん。64歳。



最新中国株情報 WINTRADE

バックナンバー